2018年01月16日

仙台に行くのに乗った列車は


今回は仙台でトークのお仕事

また前回の名古屋と同じような感じで、今度は 14:00 過ぎに来てくれればいいということだったので、午前中は都内のオフィスでお仕事をして、12:00 頃あわただしく東京駅へ💦

12:20 発のはやぶさに乗ったら、14:00 ちょっと前に仙台に着くので、ちょうどいい時間ということで、モバイルスイカで新幹線の切符を購入して📱

それにしても便利ですね

駅に行って指定席を選んで切符を買って...

この時間がだいたい 5 分くらいかかると思うんですが、ケータイからだと電車に乗ってる間とかの隙間時間にゆっくりと座席指定して席が取れますから

そして駅に行ったらそのままノンストップでホームへ向かえますからね

というわけで、久々の東北新幹線のホーム

まず目に入ったのが、初めて生で見る北陸新幹線 E7 系かがやき🚄

sendai18 (2).jpg



奥山 清行デザインのこの車両は、日本の和の要素が至る所に取り入れられた最新の新幹線車両です。

ノーズが N700 系や E5 系のように長ーくないのは、そんなにスピード重視じゃないからなのかな?

現に最高速度 260km/h となっていてスピードよりも、碓氷峠の急こう配を力強く登るために、強力なモーターが付いている車両です。

奥山清行といえば、あのフェラーリのデザインを担当している、
ピニンファリーナ社のデザインダイレクターもされていたこともあり、当時、イタリア人以外で初めてフェラーリのデザインをした男として有名になった方です。

そう、当時はあの若干奇抜なフェラーリのデザインの中でも群を抜いて独特な、
エンツォ・フェラーリのデザインも担当されたそうです。

ピニンファリーナといえばフェラーリのデザインで有名なんですが、それだけではなく、例えばアルファロメオやマセラティー、
はたまた三菱のパジェロ日産ブルーバードといった日本車、路線バス、トラクター、トラック、船などの乗り物のほか、時計、電話、キッチン用品、スキーブーツ、歯ブラシなど、もう総合デザインメーカーなんですね。

そういえばイタリア国鉄の主力新幹線 ETR500もここの事務所設計です。

そして日本の鉄道車両でいえば、この E7 系 のほかに、秋田新幹線の E6 系こまち、そして山手線新車両 E235 系など。

中でも一番話題をさらったのは、
E001 系 JR 東日本初のクルーズトレイン 「 TRAIN SUITE 四季島 」のデザイン

ななつ星で有名な JR 九州のデザイナー水戸岡 鋭治と並んで、日本を代表するデザイナーの一人でもありますね。

ちなみに JR 西日本の 「 TWILIGHT EXPRESS 瑞風 」 は、建築家の浦 一也や、インダストリアルデザイナーの福田 哲夫などが担当しています。

福田さんは、N700 系のデザインも手掛けているんですよ。

ま、そんな話はとりあえず置いといて、今回乗ったのはもちろんこれではありません

これに乗ると仙台には行けず、金沢に行ってしまいます

こちらは東北新幹線の顔になっている E5 系🚄

sendai18 (6).jpg



でも乗ったのはこれではありません

ちょうど 12:20 発のはやぶさ 19 号は、こまち 19 号と併結運転をしています。

ということは...

まだ乗ったことのない E6 系に乗るのは自然な流れでしょうか???

というわけで、こちらに乗車

sendai18 (1).jpg



E6 系と E7 系の連結部

sendai18 (3).jpg



奥には、N700 系

sendai18 (4).jpg


で、時間になって乗車

E6 系は盛岡で切り離されて在来線を走るので、車両がちょっと小ぶりになっています。

なので、新幹線区間はホームと車両の間にかなりの空間ができるので、ステップが出てきますよ

sendai18 (5).jpg



シート配列は、通常の新幹線のように、2 - 3 列ではなくって、車両も小ぶりなので、在来線と同じく2 - 2 列配置。

sendai18 (7).jpg



このシートのカラーは、実り豊かな秋田の大地をイメージしているそうで、
豊かに実った稲穂の中へ分け入るときの高揚感や自然の恵みを感じられる空間としているそうです。

シートピッチは 980mm で、E5系や N700 系の 1040mm よりも若干狭いですね。

これは 3 人掛けのシートを回転させるには、1m 以上ないと難しいからなのかな?

なので、それを考えると E5 系の方がちょっと快適なのかも。

こちらは、E6 系のお手洗。

sendai18 (7).jpg



車いす対応で、広くなっています。

もちろん温水洗浄暖房便座ですよ。

そんなわけで、仙台までの 1 時間 32 分の旅の始まりです。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村










posted by まいど! at 06:00| Comment(4) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何でも知っているんですね。
美しい新幹線を沢山見せて頂いて楽しかったです。
鮒ずしチツプスには大笑いさせて頂きましたけど。
Posted by つる at 2018年01月31日 14:18
>つるさん
もともと「鉄っちゃん」だったもんで...(笑)
そしてここに書くにあたって、ちょこっと調べてみたら、ますますはまってしまいました。
鮒ずしチップス、見つけられたらぜひ...
Posted by まいど! at 2018年01月31日 23:07
日本の新幹線を見て海外新幹線情報も含めて、これだけ語れる海外添乗員さんには脱帽です。
私なんていつも ぼっ〜と見てるだけ (苦笑)

お勉強になります。
Posted by 添てん at 2018年02月02日 23:53
>添てんさん
一応「鉄」の道を走っていたもんで、ついつい気になってしまうんですよね。
でも、好きなもの、興味のある物は勉強しますが、気にならないものは一切勉強しない...なのでなかなか認められないんですけどね(笑)
Posted by まいど! at 2018年02月03日 02:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: