2018年01月18日

仙台名物牛タンを食べて帰宅


仙台のトークも無事に終了

時間も 18:00 過ぎたので、
ここらで晩御飯を食べて帰ろう 🍴

仙台駅の中に、牛タン通りなる場所がありそこで牛タンでも食べようという話になりました。

牛タンの名店が 4 店舗並んでいて、
時間のないときや迷ったらとりあえず立ち寄るのもいいかもしれませんね

というわけで、今回はいったのはこちら。

たんや善次郎 仙台駅3階 牛たん通り店

sendai18 (21).jpg



なぜここにしたのかというと...

ただ単に、たまたまこの店だけテーブルが空いていたから

ただそれだけです。

ま、4 店舗、いずれも名店ですからどこ入っても間違いはないと思いますけどね。

好みの問題というか、感性というか

というわけで、突入

sendai18 (20).jpg



奥のテーブル席に座って、まずはビール 🍺 でお疲れさん

こちらはお通しで、牛タンのクリーム煮のようなものでした。

sendai18 (14).jpg



柔らかくておいしい...

んで、ビールのあてに、

ほぐし牛たん たん辛味ネギ和え ¥380

sendai18 (15).jpg



柔らかい牛タンと、ピリ辛の味付けがビールに合います

牛たん水餃子 ¥300

sendai18 (18).jpg



定義の三角揚げいぶり ¥380

sendai18 (17).jpg



そしてやっぱり牛たんですよね。

牛たん6切れ 単品 ¥1,100

sendai18 (16).jpg



うん、ビールが進む... 🍺 🍺

と、そこそこお腹が満たされたところで、牛タン定食 6切れ ¥1,500

sendai18 (19).jpg



あれだけ飲んで食って〆に定食かい...

と突っ込まれそうなくらい食べました。

牛たんは全国どこでも食べられますが、やっぱり本場で食べたいものですね。

で、ここで疑問がわいてくるんですが、

なんで名牛の産地でもない仙台で、牛たんなの???

いろいろな説があるんですが、ちょうど太平洋戦争が終わり、日本が戦後復興の兆しを見せてきた昭和 23 年のことです。

仙台牛たんの生みの親ともいわれている 「 太助 」 の初代店主、佐藤 啓四郎氏が牛たんを塩で焼いて食べるってことを考案したといわれています。

それまで牛たんは、タンシチューとして何日も煮込んで食べるのが常でした。

敬四郎氏も知り合いの洋食屋の店主、小野氏の作ったタンシチューを食べてあまりの柔らかさとそのコクにびっくりしたそうです。

そして小野氏の助言もあって、自分のお店 ( 和食屋 ) でたん料理を出そうと決めました。

当時、敬四郎氏がお店で出した料理は、焼物が多く提供したらすぐにまねされて他の店でも出される始末。

なので、他の誰にもまねされない独自のメニューを考えて試行錯誤していたということもありました。

さて、この牛たん、厄介なのが調理の仕方がまるで分らない。

どうやって皮を剥ぐのか?

どうやって調理するのか?

どれくらい焼いたらいいのか?

悪戦苦闘の末にあみ出したのが、和食の職人ならではのアイデアで、切り身にして塩を振って寝かせて焼くという現在の手法です。

と一口に言っても、塩の量・振り方、タンの厚さ、寝かせる時間、炭火の火力、焼き加減...すべてが試行錯誤の繰り返しでした。

そしてもう一つの問題が、材料の調達。

当時、牛たんなんて食べる人いないし、売ってる場所もない。

牛一頭から一本しか取れない貴重なたんを求めて東北中を駆けずり回ったそうです。

そしてついに牛たん料理が完成したというわけでした。

そんな血と汗と涙の結晶、努力のたまものである牛たん料理、ぜひ仙台で食べてみてくださいね。

ちなみに、日本在住の米軍が食べ残した牛たんをもらって再利用したって説もあります。

アメリカ人は今も昔も牛肉が大好きでよく食べますが、たんの部分は食べずに捨てていたそうです。

それを入手して食べるようになったってことですが、当時、日本にはそんなに牛はいなかったし、アメリカ人は自分所の国から肉を運んできたし、運ぶ際には食べる部分だけブロックで持ってきたわけですから、たんが入ってるってことはなかったようです。

わざわざ自分達が食べない部位を持ってくることはないですから。

ま、いろいろな説があるので、それを思いながら食べるのも乙なもんですよ。

お食事をしながらぜひ歴史を感じてくださいね


お店
名前 : たんや善次郎 仙台駅3階 牛たん通り店
住所 : 宮城県仙台市青葉区中央 1-1-1 JR仙台駅 3F 牛たん通り
TEL  : 022-722-5081
営業時間 : 10:00 〜 22:30
年中無休
URL  :
 https://www.tanya-zenjirou.jp/restaurant/gyutandori.html


牛たん店のチェーン店で、こちらの店は仙台駅の牛たん通りにお店を構えています。
塩焼きにこだわる牛たんのお店として仙台市内でも有名な老舗です。
粉挽き塩を焼く直前に振りかける焼き方は、他ではなかなかまねのできない逸品です。仙台観光、出張の際には是非訪れてみてください。



たんや 善治郎 牛たん通り店牛タン / 仙台駅あおば通駅宮城野通駅

夜総合点★★★★ 4.0




にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











ラベル:仙台 牛たん
posted by まいど! at 06:00| Comment(2) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仙台は牛タンが名物、ずんだ餅も。
だけど、どーして有名になったのかまで考えた事がありませんでした。
相変わらずボーっとしています(苦笑)

深夜にこのブログを見ていたら無性にご飯が食べたくなりました。夜食ならぬ深夜食の誘惑に勝てそうもありません。🐷
Posted by 添てん at 2018年02月03日 02:39
>添てんさん
はい、こんなもの見てしまったら食べたくなる...って皆さんおっしゃっていただきます。
特に外国に住んでいらっしゃる方は、拷問なんだそうです...(笑)
Posted by まいど! at 2018年02月03日 13:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: