2018年09月11日

北海道料理と日本酒@日本橋


この日は金曜日ということもあって、日本橋界隈の飲み屋さんはどこも激混み

17:00 くらいに友人と久々に飲みに行こうかと言って、僕は定時の 18:00 ちょっと過ぎにお仕事終わったので、それから友人がお仕事終わるまで、その辺の飲み屋の空きを訪ねてぶらぶらと 👟 👟 👟

なかなか金曜日は辛いですね。

もちろん呼び込みしているお店もあったんですが、どうせならおいしそうなところに行ってみたいし...

というわけで7軒目に尋ねたお店がこちら。

無炉爛 ( むろらん )

muroto18 (20).jpg



以前、仲間との飲み会で行ったことのあるお店で、その時の幹事さん曰く、

「 このお店コースメニューは普通だけどアラカルトはとってもおいしいんですよ。なので、今日の宴会はアラカルトにしました 」

というセッティングでした

ま、呑兵衛が集まった飲み会だったので、そんなに食べなかったですからね。

そんなわけで、このお店空いてるかなと思って聞いてみたら、全然 OK とな。

予約でほとんどは埋まってるみたいでしたが、19:00 前ということもあって、空席もいくつかありました

muroto18 (1).jpg



周りのテーブルは全部予約でしたが、真ん中の大テーブルはまだまだいけそうでしたよ

そんなわけで、友人はまだちょっとかかるので、先に一人で場所取りがてら飲み始めました 🍺

muroto18 (4).jpg



お通しはポテトサラダで。

muroto18 (2).jpg



しばらくして...

ちょうどビール一杯飲んだくらいで...

友人がもう少しで到着ということで、そろそろ注文

そして僕が到着して、30 分遅れくらいで友人到着。

とほぼ同時に、友人のビールとお食事がやってきました。

まずは、ラーメンサラダ ( ハーフ )


muroto18 (5).jpg



北海道らしいでしょ?

そういえばこの前サッポロ行ったときに聞いたんですが、
札幌の人は居酒屋に行ったときにラーメンサラダを一番始めに注文するんだとか。

そしてこちらも北海道らしい、

鶏ザンギ ( 鶏唐揚 ) ¥580

muroto18 (8).jpg



ボリューミーですよ。

muroto18 (9).jpg



そしてこの日のスペシャルはこちら。

牡蠣が1個 ¥100 で おひとり様1個のみ限定 100 個

調理方法は自由だったので、ここはおすすめので。

muroto18 (7).jpg



肉厚の身でプリっぷりで食べ応えありました

旬のメニューから、サンマのなめろう

muroto18 (11).jpg



サンマのなめろうって珍しいって思うのは僕だけかな?

味は...やっぱりイワシとかトビウオの方が味がしっかりしていたかも。

そしてもう一つ、サンマの刺身

muroto18 (10).jpg



その他、お刺身5点盛 ¥1,500

muroto18 (6).jpg



アスパラベーコン

muroto18 (16).jpg



そして牡蠣がおいしかったからこちら、カキフライ

muroto18 (18).jpg



などなど、旬のメニューからも北海道を堪能しました

そして日本酒も結構そろっていて、例えば、

不動 特別純米 ひやおろし 原酒生詰

純米吟醸 吟の夢 ひやおろし

muroto18 (12).jpg



ひやおろし 不動は千葉県のお酒で、成田山新勝寺の門前に蔵を構える 1689 年創業の老舗、鍋店の商品です。

「 ひやおろし 」 ってのは、江戸時代、冬にしぼられた新酒が劣化しないよう春先に火入れ ( 加熱殺菌 ) した上で大桶に貯蔵し、ひと夏を超して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、2度目の加熱殺菌をしない 「 冷や 」 のまま、大桶から樽に 「 卸 ( おろ ) して 」出荷したことからこう呼ばれており、秋の酒として珍重されてきました

現在では、日本名門酒会の 「 ひやおろし 」 定義も、春先に一度だけ加熱殺菌し、秋まで熟成させ、出荷前の2度目の火入れをせずに出荷させています。

季節感を感じさせるお酒には、やっぱり
秋の旬の食材を使った料理が合いますよね。

もう一つのお酒は、高知県のお酒。

しらぎくもたくさんの種類がありますが、こちらもやっぱり 「 ひやおろし 」 で。

同じような辛口のお酒なんですが、両方とも後味が何となくフルーティーな香りを感じられました。

この後は、

ゆきの美人 純米吟醸 「 愛山麹 」 ひやおろし

豊盃 特別純米酒 あきあがり

muroto18 (17).jpg



ゆきの美人は秋田醸造のお酒です

県内屈指の軟水で仕上げるこのお酒は、とってもまろやかでやっぱりフルーティー感もあります。

おいしいですね

そしてあきあがりは、青森県は弘前市の三浦酒造のお酒。

家族経営の小規模な醸造所で、全国でこの蔵だけが契約栽培する酒造好適米 「 豊盃米 」 を使用し、岩木山の伏流水製造されるお酒は、あまり市場に出回らないためとっても希少です。

一昨年は豊盃米の収穫量が少なく、お酒が造れなかったそうです。

今年は2年ぶりの製造ということです。

とまぁそんな感じで、日本酒と北海道料理を楽しみ、
結局閉店までいました...

muroto18 (19).jpg



ちなみにこのお店、10 月に浜松町に移転するみたいです。

行かれるのでしたらお早目にね


お店
前 : 無炉爛 八重洲店
住所 : 東京都中央区八重洲 1-8-9 八洲ビル 2F
TEL  : 050-5872-5505
営業時間 : 1130 〜 13:30 / 17:00 〜 23:30
定休日 : 日・祝日



JR 東京駅 八重洲北口より徒歩3分、東京メトロ銀座線・東西線 日本橋駅 B3 出口より徒歩5分。
賑やかな飲み屋さんが並んでいる通りのビルの2階。看板は出ているんですが、ちょっと入り口はわかりずらいかもしれません。北海道の素材を使った料理と日本酒をリーズナブルな価格でいただくことができます。



無炉爛 八重洲店魚介・海鮮料理 / 東京駅日本橋駅京橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: