2018年11月03日

南インド名物の屋台食ドーサ


早朝のガンジス川クルーズを終えてホテルに戻ってきたのが、7:30 頃。

お腹もすいたのでホテルで朝ご飯です

このホテルは BUFFET で割と種類あるのと ( と言ってもインド料理が主体ですが ) 安心して食べられるので、楽しみです

この前と同様、BUFFET の一角で、スタッフがドーサを作ってくれます。

ドーサのことは前に書いたのでこちらから見てくださいね。

で、今回も作ってもらうことにしました

indo18 (140).jpg



ドーサというのは南インドの屋台なんかでよく見かけるもので、
米粉とダル ( 豆 ) を砕いて粉にしたものを水で溶いて発酵させます。

その液を薄ーく伸ばして鉄板で焼いたもの

ま、クレープのようなものですね

プレーンのまま食べる人もいるんですが、
これにカレー風味で炒めたジャガイモを巻いてもらうのがドーサ・マサラ

indo18 (141).jpg



こっちの方が味があって僕は好きです

この兄ちゃんは春巻きのように巻いてくれましたが、帽子のように形作ってくれる人もいます。

前回がそうでした。

というわけで、完成

indo18 (142).jpg



ちょっと真ん中が破けちゃいましたけどね

このまま食べてももちろんおいしいし、サンバル ( ちょい辛いカレースープ )に浸して食べるのもまたおいしいです

もちろん普通のカレーに浸けてもいいんですけどね。

屋台で気軽に食べられる料理ですが、衛生的にちょっと...

って思われる方。

これくらいのレベルのホテルだと安心していただけるので、ぜひともチャレンジしてみてください


もともとは南インドの屋台料理の軽食として人気があったんですが、最近はデリーとかでも、本来の軽食として提供するお店のほか、日本のクレープのように甘いものを入れておやつ感覚で提供するお店も増えてきているんだとか。

まさにインド風クレープですね

だんだんと時代とともに食生活も変わってきていますよ


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | インドの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: