2019年08月21日

合格祈願の定番!北野天満宮


せっかく京都に来たのに、京都らしいところに最近行ってないなぁ...

ということで、今回やってきたのが北野天満宮

ちょうど上のお姉ちゃんが受験勉強で今回の京都にはこれずに家でひたすら受験勉強頑張っています

なので、ちょっとした神頼みということでやってきました

せっかくなので、第一の鳥居から入って...

tenjin19 (1) (375x500).jpg



何となくカーブしている参道を歩いていくと、ところどころに牡牛様がドーンとあります。

tenjin19 (4) (500x375).jpg



牡牛様は、天神さまのお使いとして祀られているので、境内には神牛の像や彫刻が数多くみられます

というのは、菅原道真が丑年生まれであったということと、道真公が大宰府でご生涯を閉じられた際、
御遺骸をお運びする途中で車を引く牛が座り込んで動かなくなってやむなく付近の安楽寺に埋葬したという故事に由来しています。

この伝説から神牛は臥牛 ( 伏した牛 ) の姿であらわされています。

そこを進んでいくと、二の鳥居をくぐって目の前に出てきたのが、楼門

tenjin19 (5) (500x375).jpg



楼門の上部に掛けられた額には、「 文道大祖 風月本主 」 の文言が刻まれています。

平安時代中期の学者・慶滋 保胤 ( よししげ の やすたね )、大江 匡衡 ( おおえ の まさひら ) が道真公を讃えた言葉です。

ここ、年末にはジャンボ絵馬が掲げられ、京の師走の風物詩となっています。

その奥には、三光門 【 重要文化財 】

tenjin19 (7) (500x375).jpg



本殿前の中門で、日・月・星の彫刻があることから三光門と呼ばれています。

でも実際には星の彫刻はないんだとか

というのは、かつて朝廷があった大極殿から望むと、ちょうどこの門の上に北極星が輝くことから、天空と一つになって平安京を守っていた場所というのがこの北野の地だったからとか。

この伝説は「 星欠けの三光門 」 として今も天神さんの七不思議に数えられています

この建物、社殿と同じく、桃山時代の建築様式で重要文化財に指定されています。

そしてこの門をくぐったら、突き当りにあるのが

【 国宝 】 社殿

tenjin19 (12) (500x375).jpg



菅原道真をお祀りする本殿と拝殿、石の間、楽の間を連結した日本最古の八棟造 ( 権現造 ) です。

千年余りの歴史のなかで何度も火災にあいましたが、そのたびに朝廷や将軍家によって造営修繕がなされ、現在の本殿は豊臣秀吉公の遺命により、豊臣秀頼公慶長によって慶長 12 年 ( 1607 年 ) に造営されたものです

唐破風や黄金色に輝く装飾、精緻な彫刻の数々は絢爛豪華な桃山文化の建築ならでは

毎月 25 日のライトアップでは吊燈籠に火がともされ、幻想的な眺めを見ることができるそうです

現在、境内では梅干し作成の真っ最中

tenjin19 (9) (375x500).jpg



6月上旬から中旬にかけて、境内の梅の木から収穫された梅の実は例年 2.5 〜 3t

それをこの時期の約4週間、からっからになるまで天日干しします

そのあと、塩をまぶして樽に詰め、11 月下旬まで貯蔵します。

12 月 13 日の事始めから 25 日の終い天神のころまで社頭で授与されます。

この 「 大福梅 」 が新年の祝膳に用いられるようになったのは平安時代の中期からだそうで、村上天皇の御代 ( 951 年 ) から元旦の祝膳に使われていたと記録されています。

梅の収穫から梅干し製造までは、巫女さんのお仕事なので、できた梅干し...

めちゃ縁起物みたいですね

ちょうどこの時期にも売っていたので、思わず購入

tenjin19 (6) (375x500).jpg


神社で作った梅干し...

なんかヨーロッパの修道院で作ったはちみつやジャムみたいに、
体にもよさそうだし、ご利益もありそうですよね

せっかくの天神さんなので、ご利益ありそうな合格祈願のパッケージにしてみました

ところで、梅干しの種のことを天神様...って言うの聞いたことありますでしょうかね

梅は食うとも核食うな、中に天神寝てござる

うめはくうともさねくうな、なかにてんじんねてござる

て言葉があるんです。

天神様といえばすぐに菅原道真ですが、その呼び方は
道真公が梅を愛していたことに由来します。

それを知った当時の庶民たちは梅をありがたいと思うようになり、梅の種の中に天神様が宿るという伝えをすんなり受け入れられたようです。

その結果、天神様がいらっしゃる梅の種を粗末に扱ってはいけないと考えられるようになり、江戸時代には道真公が左遷された大宰府天満宮に「 梅干の種収め所 」が設けられたようで、現在もまだその収め所が現存しています。

道真公は多くの梅が登場する和歌を詠まれてますが、その中で最も有名なものは、九州の大宰府へ左遷が決定し、京都の天神御殿別邸である 「 紅梅御殿 」 から出発しようとした時に、庭の白梅を見て詠まれたものです。

東風 ( こち ) 吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春をわするな

伝説によると、この梅の木は、道真公を追って九州の大宰府まで飛んでいったとされ、飛梅と呼ばれています。

ちなみに、梅干しの種を食べたらバチが当たる...って僕も子供のころ言われたんですが...

粗末にしたらバチが当たる...だったかな?

これは、そういう言い伝えもあるんですけど、梅干しの種にはアミグダリンという物質が含まれています。

で、これ、体内で胃酸と混ざると青酸性の毒物に変わるということで、種は食べてはいけないという事らしいんですよ。

でもご安心ください。

未熟な梅ならともかく、完熟梅を塩漬けにした梅干しにはほとんど毒素は含まれていませんし、青梅の状態でも、成人だったらその致死量は 200 個以上の種を食べれば...という事みたいです。

そんな人まずいないと思いますので、気にせずに

というか最近の研究では、
梅干しの種の核には、デトックス効果、消炎作用や喉の疾患、眼のかすみに効果がある成分が含まれています

食べ方はいろいろなホームページで紹介されていますので、そちらを参照してみてくださいね。

ま、こちらも食べ過ぎないようにとの注意がありますが、毒素というよりどちらかというとたくさん食べると塩分とりすぎ...という問題のほうが多いみたいです。


このあと、絵馬も奉納して...

tenjin19 (10) (375x500).jpg



お守りも買って帰りました

ちなみにこの天神さんでお祈りしたら、僕の大学受験以外すべて合格しているんですよ

僕の兄弟の入学試験全部、僕でも高校受験や国家試験などもね

本人がいかなくても、家族がお祈りしても OK ですよ。

多分...

絵馬を見ると、全国各地からお祈りに来られている方がいらっしゃるようですね。

北は北海道から南は...

中国地方までくらいですね。

九州方面の人は太宰府天満宮に行かれるようです。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(2) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おねえちゃん,暑いのに頑張っているのですね。ここにお願いしておけば,きっといい道が開けることでしょう。力が出し切れるように、私も願っています。
Posted by つる at 2019年08月21日 16:32
>つるさん
ありがとうございます。
人生最初の難関へと差し掛かっています。
僕もそうでしたが、ここをまず乗り越えないといけませんね。
まだ本人は全然のんびりとはしてますが...
Posted by まいど! at 2019年08月21日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: