2017年05月24日

大学の町コルテの素敵な景色


コルテの町はコルシカ島最大の町アジャクシオから 80km、第二の都市バスティアからは 75km と
二大都市のちょうど中間の山の中に位置しています。

コルシカ独立運動の主役であった、パスカル・パオリが活躍していたころはここに独立政府が置かれ、独立国家の基礎であるコルシカ憲法、国旗、通貨、軍隊、大学などがつくられました。

ヴェルサイユ条約によって、ジェノヴァがフランスにコルシカを移譲するまでの 14 年間、コルシカは独立状態にあったということです。

そんな関係か、1980 年代にコルテに大学が開校し、パスカル・パオリ大学として現在に至っています。

その大学が丘の上のシタデルという要塞の展望台から見られました

corse17 (85).jpg



この近代的な建物群が大学の建物です。

反対側は特に何もなく...

corse17 (87).jpg



見上げると要塞が。

corse17 (86).jpg



景色を十分堪能した後で、坂を下り、その途中に独立政府時代から続いている、スーパーマーケットがあるということで、ちょっと撮ってみました。

corse17 (88).jpg



独立政府当時ということは、18 世紀真ん中くらいなんですね

一見やってそうに全く見えないんですが、夕方から開くみたいですよ。

ま、夕方まで待ってられないので次

こちらは下に降りて見上げた要塞です。

corse17 (90).jpg



そんなわけで、コルテの町を散策した後は、今度は車でアジャクシオの町へ。

途中、幹線道路を離れて、来るときに列車で渡った、
19 世紀に架けられた鉄橋付近で停車

こちらがその鉄橋。

corse17 (93).jpg



1892 年に架けられたヴェッキオ橋といって、高さが 94m あります。

ギュスタフ・エッフェル事務所が設計を担当したということで、橋を渡ってるときはあまり感じませんでしたが、下から見上げるとすごい景色ですね。

向こうの方に見えるのが自動車用の幹線道路。

corse17 (91).jpg



下を流れる川もきれいで、夏場になると地元の人たちが涼みに来るそうですよ。

corse17 (92).jpg



この渓谷を過ぎた後はまた山に登って雪を頂いた山をパチリと。

corse17 (95).jpg



コルテの町は周りを 2,500m 級の山々に囲まれていて、昔はかなりたどり着くのが困難だったそうです。

コルシカ島は、かつて作家のモーパッサンが

「 海に立つ山 」 と称したほど、平野部がなく険しい島なんです。

山と渓谷が多くて、また海もすぐ近く。

素晴らしい景色が楽しめますよ

山を見ながら下に目をやると、コルシカ鉄道の線路が見えました。

corse17 (96).jpg



列車、来るかな?

と思ってしばらく待っていたけど、そうそう来ないですよね

corse17 (97).jpg



とりあえず線路だけ撮って、帰路につきました


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック