2018年01月17日

季節限定炊き寄せ弁当冬の彩


はい、仙台行き E7 系の中でのお昼ごはんは、東京駅で買った駅弁

ほんと、これから仕事に行くのか旅しに行くのかわかんなくなってきてますが、
ちゃんとお仕事しに行くんです

それがそれが証拠に、新幹線の中でこの後喋るパワポのスライドをチェックしながらネタを考えていましたから。

その辺は写真撮ってないので、証拠はないけど...💧

そんなことは置いといて、お昼ご飯はやっぱり季節限定という単語にひかれて購入したこちら

炊き寄せ弁当 冬の彩¥1,350

sendai18 (9).jpg



四季折々の旬の素材を一つ一つ丁寧に仕込み、彩り鮮やかに盛り込んだ吹き寄せ弁当の冬バージョンです。

毎年恒例だそうですが、毎年若干内容が変わっているそうです。

早速開けてみて

sendai18 (10).jpg



丁寧にお品書きが入っていました。

sendai18 (11).jpg



量的にはそんなに多くはないんですが、たくさんの種類が入っています。

日本人ってこういうの好きですよね。

いろいろな種類を少しずつってのが。

彩も鮮やかに

sendai18 (8).jpg



正方形の入れ物を十字に仕切って、それぞれに揚物、焼物、煮物、ご飯を詰めてあるってのは、
松花堂弁当と同じです。

ちょっぴり高級感というか贅沢感があっていいですね

駅弁ってことで味付けも若干濃いめですが、それぞれの食材の味も十分感じられておいしく頂けました

よく、食材の味もわからないくらい濃い味付けにして、

「 何喰っても同じ味 」ってものも多い中、丁寧作ってあると感じました。

見た目もおしゃれですが、量的にもおしゃれなので、がっつり食べたいってよりも、お酒のお供にちょいちょいつまんで最後にご飯という食べ方の方がいいのかも...

仕事前に食べるにはちょっと辛かったです。

帰りにした方がよかったかな


そして仙台に到着

sendai18 (13).jpg


はい、またまた絶好調でお話させていただきました


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村










ラベル:駅弁 東京駅
posted by まいど! at 06:00| Comment(4) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本人はこの手のお弁当が好きですよね!
ちょっとずつで種類がたくさんあるお弁当。
これは見た目も色取り取りで、目も楽しめますね。

味が濃いのは食品が傷まないためでしょうが、ビールと一緒に食べれなかったのは残念でしたね。
Posted by 添てん at 2018年02月02日 23:47
>添てんさん
そういう食事の提供の仕方をヨーロッパでもやっているんですよ。現地ではほぼ手配してくれないんで、自分でやっています。
現地は皆さんほとんどが頭が固いもんで...
Posted by まいど! at 2018年02月03日 02:10
そんなサービスがヨーロッパにもあるのですか⁉

きっと手間ひまが掛かるのでバジェットの問題が大きいのかも知れないですね。まいど!さんの旅行会社は違うかも知れませんが、添てんが添乗している旅行会社は間違いなくバジェット低いですもん💦

最近では、ヨーロッパは量が多くて食べきれないから勿体ない。なんて言葉も聞かれなくなりました(苦笑)
Posted by 添てん at 2018年02月03日 02:32
>添てんさん
一応、「デキスタシオン」メニューはあったりするので、それをオーダーしたりとか。
あとは、シェフなんかと交渉して提供してもらえるようにしてます。バジェットよりも手間暇かな?
日本人でもおいしかったら普通の量をガンガン皆さん食べますよ。おいしかった...ね。
Posted by まいど! at 2018年02月03日 13:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: