2016年12月07日

市庁舎の上で素敵なディナー


マドリッド最後の夜は、シベーレス広場に建つ市庁舎

spain16 (111).jpg



この市庁舎は、シベーレス宮殿とも呼ばれていて、もともとは 1919 年に中央郵便局の建物として建てられました。

その時は、コムニカシオネス宮殿と呼ばれていたそうです。

それが、2007 年、郵便局が移転して 6 年間かけて大改装した後、市庁舎が入ってきました。

現在は日中はここのホールは一般公開されていて、中を見学することができます。

また、この市庁舎の塔へも上ることができますよ
( 11:00 〜 14:00 / 16:00 〜 19:00 30 分ごとの入れ替え制 通常 € 2 )

で、今回はこの中のレストランでディナー 🍴 ということだったので、19:30 過ぎに到着。

入り口のセキュリティーで手荷物検査を受けた後、エレベーターで 6 階へ。

ディナーの時間が始まるまで、外のテラスで夜風に吹かれながら食前酒タイム 🍸

spain16 (112).jpg



テラスからは、眼下に広がるシベーレス広場が見られました

spain16 (106).jpg



ここはマドリッドのサッカーチーム、レアルマドリッドが優勝したときのパレードの最終地点となり、その時はもんのすごい人出になるみたいですよ。

というわけで、食前酒を楽しんだ後お店へ。

spain16 (105).jpg



はやり直線 & モノトーンが基調の内装ですね

spain16 (113).jpg



何となく壁が竹を連想してしまうのは、日本人だからかな?

このレストランは、国内の美食コンクールで賞をとり、ミシュランのスペイン版といわれているグルメガイドの Repsol Restaurant Guide では、 を所得している ( ミシュランは星ですがこちらの評価は太陽みたいですよ ) トレドの名店、Adolfo のシェフがプロディースしたモダンタイプのレストランです。

食材の一部はトレドの契約農家の畑でとれたものを運んで使用しているというこだわりぶりです

そんなレストランでいただいたものは、まず、

CRAB'S CREAM AND SEAFOOD RAVIOLI

カニのクリームスープとシーフードラビオリ

spain16 (114).jpg



まずはお皿にラビオリと少しのお野菜が入っていて、そこにアツアツのスープが注がれます

しばらく待ってから食べてくださいと。

焦って注がれた瞬間に食べないようにね

せめて 1 分くらい待たないと、ラビオリの中まで温まりませんから...

というか、ある程度調理してあって、
アツアツのスープを入れて 1 分後くらいがちょうど食べごろのように調理されているみたいですよ。

んで、ものすごく濃厚なカニの香りが口の中いっぱいに広がって、もう絶句もの...

続いて、

FISH OF THE DAY

spain16 (115).jpg



たらの蒸し物 ガーリックソースとサツマイモのピューレにのせてって感じかな?

この日のお魚は、Haddock って言ってたので、モンツキダラっていうらしいです。

北大西洋にいるタラ科のお魚で、味の特徴は...よくわかんない...💧

調理方法にこだわってましたよ。

とっても柔らかくて食べやすかったです。

その次。

GRILLED LAMB WITH VEGETABLE STEW

子羊のグリルと野菜のトロトロ煮

spain16 (116).jpg



はい、大好きな子羊がやってきました

柔らかくて食べやすくて、羊のいい香りだけが口の中に広がって...

やっぱり羊をよく食べる国の人の料理は、その素材を最高の状態で調理してくれますね

で、デザートが、

APPLE CAKE

spain16 (117).jpg



はい、シンプルにきました

これもシンプル...なんですが
何やらいろいろと手が込んでいた複雑な味がして、楽しめましたよ。

ちなみに、アミューズもあったのですが、こちらは食前酒タイムのおつまみとして別で出してもらってましたからね。

それにコーヒーとプティフルールで

最近のヨーロッパ料理は、
一皿を少なめに盛り付けて、その分皿数を増やすってのが流行ってますが、まさにそんな感じで、一皿一皿が可愛らしい盛り付けです。

ちょっと前の 「 量で勝負 」 感は無くなりつつありますね。

これも、モロ和食の影響を受けてると思いますよ。


お店
名前 : GASTRONOMIA DEL PALACIO DE CIBELES by adolfo
住所 : Plaza de Cibeles, 1 28014 Madrid PALACIO DE CIBELES 6a Planta
TEL  : 91 523 14 54
営業時間 : 13:00 〜 16:00 / 20:00 〜 00:00
定休日 : 基本 12/24・25・31・1/1
      と、シベーレス広場で特別な催し物が行われるとき
URL  : 
http://www.adolfo-palaciodecibeles.com/

シベーレス広場にある市庁舎の 6 階のレストラン。
トレドの名店であり名シェフ、アドルフォの監修によるガストロノミーレストラン。
モダンで落ち着いた雰囲気の中で、モダンなシェフオリジナルのスペイン料理を楽しめます。
同じ建物にカジュアルなお店、TAPAS VINOS RESTAURANTE COLECCION CIBELES が 2 階にもはいっています。





関連ランキング:モダンスパニッシュ | マドリード





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  







posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スペインの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック