2018年05月23日

帰国前にジェラートを食べた


フィレンツェ出発の日、ちょこっとお買い物をして帰りがけに
せっかくなのでジェラート

フィレンツェではいろいろなジェラート屋さんに行きましたが、例えば、トリノ発祥のgromとか、老舗のPerche No!とか...

その他、当ブログでは紹介してないけど、Vivoli とかあとは...

なんか名前忘れたけど、そこそこめちゃおいしいジェラート屋さん、結構フィレンツェにはありますからね

というわけで、今回いつも前を通って気にはなっていたこちらのお店。

VENCHI

buoita3-18 (184).jpg



これ、ヴェンキ って発音するんですが、日本だとヴェンチとかで浸透させてるって話も聞いたことありますね。

イタリア語そのまんまの発音だと...ね、変に感じる人もいるかもしれないので

で、ヴェンチが正しいと思ってイタリアに行ってイタリア人に聞いても、おそらく、???なので一応イタリア語の名前も覚えておいてくださいね

人にお土産として配るときは、なかなかブランド名言っても高級チョコとは思ってくれないかもしれませんけどね

そんなお店、1878 年にトリノで創業したチョコレート店です。

あのEataly にも出店してるし、世界 60 ヵ国以上にも輸出されています。

とっても滑らかなチョコレートは、日本ではまだそこまで知名度はありませんが、イタリアではとっても有名で、味もさることながらプロモーションも上手みたいです。

そんなVenchi のジェラッテリアがホテルの近くにあったので、ふらっと入ってみました

buoita3-18 (182).jpg

buoita3-18 (183).jpg



まだ朝早かったので、そんなに人はいませんでしたが、午後になるととっても混むらしく、レジは
チョコレート購入用とジェラート購入用の列が分かれていました

ま、並んでまでは買おうとは思っていなかったけど、まだ全然人がいなかったので、ちょっと食べてみることに

buoita3-18 (178).jpg



料金は一番小さなカップ or コーンで€3.50 と、このあたりの相場である €2 〜 €3 にしてはちょいと...というかかなりお高め

ブランド料が入っているのかな?

で、当然 2 種類選べるんですが、やっぱりここはチョコレートの老舗なので、
チョコレート系と、そしてトリノだからミルク系を選んでみました。

buoita3-18 (179).jpg



こんな感じで

buoita3-18 (180).jpg



やっぱり両方とも濃厚で、おいしく頂けましたが、このお値段だとちょっと...

💧

ま、僕もそこまで味の違いがわからないので、ちょっともったいなかったのかな?

でも、チョコフレーバーって甘ったるいものが多いみたいですが、さすがここは高級材料を使ってるだけあって、
甘々にしなくてもおいしくて濃厚な味が出ていました

この Venchi のジェラート、日本でも食べることができますよ。

日本だと例えば、Eataly の東京駅グランスタ丸の内店日本橋三越店などです

イタリアだと、基本一番小さなサイズは 2 種類選べるんですが、日本はシングルからあったりします。

イタリアのつもりで一番小さなの選んでも 2 種類は選べませんのでご注意を


そんなわけで、ジェラートを食べながらホテルに戻り、出発の支度をしてから空港へ向かいました


VENCHI CHOCOLATE GELATO Firenze, Calimaruzzaアイスクリーム / ウフィツィ美術館周辺)

昼総合点★★★☆☆ 3.9





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: