2018年07月20日

日本橋ランチ特集〜担々麺〜


日本橋ランチシリーズ第四十四弾

今回は、以前は、某ちょいとお洒落な食堂で
お客さんの女子率 100% 近いお店があったところ... だったんですが、いつの間にか変わって中華になったお店

前の店は、おやじ二人で行き、店内はそんなでもなかったんですが、出てくるお食事がとってもおしゃれで、またお客さんが我々以外全員女性 ということもあって、何となく場違いな雰囲気で居心地悪かったんですが、今回はさすがにそんなことはないでしょう ← 失礼

というわけで、入ってみました

中国四川料理 天然居 日本橋店

nihonbashilun18 (11).jpg



入り口からちょっと急ならせん階段を下りてお店へ

nihonbashilun18 (10).jpg



中国訛りの元気なお兄ちゃんが応対してくれました

テーブルに座ってランチメニューを見ていると、
ココナッツジュースとサラダがいきなり到着

nihonbashilun18 (6).jpg



ランチタイムはランチセットメニューのみで、それにはこれがデフォで付いてるんですね

今回注文したのは、友人が超おすすめしていた 汁なし担担麺定食 ¥800

辛さがなんと 10 段階から選べるんですが、そんな微妙な違いをはたして分かるかな?

ま、基本は真ん中の 5 ということだったのでそれで注文

んで、数分後に到着

nihonbashilun18 (7).jpg



本体とご飯、スープと杏仁豆腐が付いています

本体はこんな感じで来ますが、

nihonbashilun18 (8).jpg



これをぐっちゃぐっちゃと混ぜ込んでいきます

nihonbashilun18 (9).jpg



そして一口食べて...

・・・ 唐辛子の辛味

・・・ 山椒の痺れ

バランスが僕的にちょうどよく、ピリ辛痺れでおいしく頂けましたよ

麺なので始めすすって食べると、香辛料をいっぱい含んだ空気がのどを直撃してむせてしまったので、ラーメンやそばのような感じで食べないようにね

あとポイントですが、最初に持ってきてくれたココナッツジュース、これ始めの方に飲んでしまうより、ちょっと置いといたほうがいいです

食事が辛過ぎると思ったら、
水よりもこちらのジュースの方が口の中を優しくしてくれますから

担々麺を食べ、ご飯も食べ...そうすると担々麺のたれが少し残るので、それをご飯に乗っけてまた楽しんで...

看板に四川料理と表記してありますが、なんちゃって四川料理が多い中、小さい店ながら本格的な料理を出してくれました

成都や重慶で本場の麻婆豆腐などの料理を食べたときは、外国人用にアレンジしているとはいえ、やっぱり辛い...というか痺れましたからね。

地元の人は子供でもこんな刺激物食べてるのかな...と、ちょっと一口分けて食べさせてもらったら...

もっと辛かった...

ってこともあったし。

ま、そんなわけで次は四川を代表する麻婆豆腐を食べてみようかな。

ちなみにご飯、小さく見えますが、確かに小さいけどお代わり自由です


お店
名前 : 天然居 日本橋店
住所 : 東京都中央区日本橋 2-15-3 日本橋HYビル B1F
TEL  : 03-6262-7550
営業時間 : 11:00 〜 14:30 / 17:00 〜 24:00 【 月 〜 金 】
       11:00 〜 14:30 / 17:00 〜 23:00 【 土曜・祝日 】
定休日 : 日曜日
URL  : 
https://tianranjuribenqiao.gorp.jp/


都営浅草線 日本橋駅 D1 番出口を出てすぐのところにあります。
ランチタイムは本格四川料理を手ごろな価格で提供してくれます。セットメニューのみで、混んでくるとサラダとココナッツジュースを最初に持ってきてくれ、それからオーダーとなります。辛くないメニューも当然ありますが、四川料理は辛さが 10 段階で選べるようになっており、よくわからなければ最初は辛さ弱目でオーダーして、スパイス類を追加でお願いすることもできます。ご飯はお代わり自由ですのでボリュームもばっちりです。



天然居 日本橋店四川料理 / 日本橋駅茅場町駅三越前駅

昼総合点★★★★ 4.0





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: