2018年09月14日

日本橋ランチ特集〜1Cつけ麺〜


日本橋ランチシリーズ第五十七弾

今回も歩いていてふと目に入ったお店シリーズ...

って、そんなシリーズはまだ作ってませんが

茅場町駅近くを歩いていたら、こんなのぼり看板とともにお店発見。

tsukemen18 (1).jpg



これは行っとかないと

ワンコインでつけ麺ってね

というわけで、入ってみました

このお店は完全セルフサービスで、

入ったところのカウンターでオーダー

そしてお金も箱に入れて、おつりが必要であればそこから自分で持っていく、そんなお店です。

入った後、つけ麺は具がないということなので、ワンコインはあきらめて
特製つけ麺 ¥900 にしてみました。

オーダーしてお金を入れたら即到着。

早っ

でそれをもってカウンターお席へ

tsukemen18 (4).jpg



元立ち食いそば店で、そこにハイチェアーを置いた、そんな感じの店内です。

一応めちゃ混雑してなければ全員座って食べられそうですよ

そんなわけで、これ。

tsukemen18 (2).jpg



写真にはもっと豪勢なのがあったんですが、分厚いチャーシューの細切れ数切れと、メンマ数本、半熟卵半分とちょっと寂しいなぁ...

早速、汁をつけていただきました。

tsukemen18 (3).jpg



汁はそこまで濃厚ではないんですが、麺によく絡むドロドロさでよかったですよ。

麺も十分な量でおなかもいっぱいになりました。

ただ...

麺がねぇ...

作りおきだと思うんですが、コシがなくぶよぶよでなんかつけ麺を食べてる気がしませんでした。

通りで超高速で提供されるはずですね。

つけ麺の醍醐味は、
アツアツの麺を急速で冷水でしめてコシを残す...

これなんですけどね。

そうです。

コシが重要なんです。

通常つけ麺を注文すると茹でて水でしめてと 10 分近くかかるんですが、ここはその 1/20 くらいの時間で提供してくれましたから。

早いのはいいけど、ちょっと...

という感想でした。

ま、立ち食いそば感覚でサクッと食べてすっと行く分には重宝しそうですが。


ちょっと前に関西ローカルの番組で、お笑い芸人、シャンプーハットのてつじが、つけ麺店をプロデュースしたお店の紹介をしていた時に、他の芸人から
ラーメンとつけ麺の違いを突っ込まれていて...

その時に身体をはってつけ麺とラーメンの違いを説明していたのを見て、なるほど...と思いました

そういえば、シャンプーハットって漫才コンビ、関東ではあまりなじみがないかもしれませんね。

関西では結構テレビとか舞台にも出ていて、
そこそこというかかなり面白いですよ


このお店、昼間はつけ麺屋さんですが、夜になると立ち飲みそば屋さんになるみたいです。

昼と夜、また経営が違うのかな?


最後に、お湯割りをいただいたらその出汁が魚介スープで...

半分くらい食べた後、魚介スープを入れて豚骨魚介ラーメンとして食べるのもいいかもね。


お店
名前 : 蕎麦 助六
住所 : 東京都中央区日本橋茅場町 1-12-1 新井ビル 1F
TEL  : 03-3662-5599
営業時間 : 11:00 〜 2:00
定休日 : 日曜日



東京メトロ 日比谷線・東西線 茅場町駅3番出口すぐ
夜は立ち飲みそば居酒屋ですが、ランチタイム限定でつけ麺を提供しています。ワンコインで手軽につけ麺をいただけるので近隣のビジネスマンなどに人気のお店です。回転が速いので混んでいても待つことなくスムーズに入れます。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: