2017年12月01日

旬のトスカーナ郷土料理


トスカーナでの滞在は州都でもあるフィレンツェ

ホテルは町の旧市街ど真ん中である、Gallery Hotel Art

ここは前回宿泊したので、その時にちょこっと書いたのでそちらを見てもらって...

到着してすぐに夕食へ。

この日の夕食は、
日本人のシェフがいらっしゃるトスカーナ郷土料理のお店

Trattoria ACCADI

このお店は
僕が大事なお客様を連れて食事をするときに結構使うお店
なんです

というのも、高級店や有名店はみんなが納得するし、そこばっかり続いても飽きるので、ちょっとした郷土料理のお店ということで、気軽な感じでお食事できるところ。

それに
メニューもその時その時でこちらのリクエストに合わせて組んでくれたりするので、量も調節できるし、何より

何食べてもおいしいですから

というわけで今回いただいたのは、ランチは量的にはそんなに多くはなかったのと、12:00 前にランチ開始と夕食までかなり時間があいて、おなかもすくはずだったのですが...

ランチで予定外のいろいろなものも食べたり、時間も 1 時間ちょっとで切り上げる予定だったのですが、お話も盛り上がって 2 時間近くいたりとがっつりと食べてしまったので、夜は軽めの調整で。

まずは前菜として
旬の食材を取り入れて盛り合わせてもらいました

buonoita17 (69).jpg



上の方は、
トマトソースと夏キャベツとレバーのクロスティーニ

そして、
コッパ・トスカーナ ( 豚のほほ肉などを煮てそのゼラチンで固めたもの )

アーティチョークの天ぷら

そして
生アーティチョークを使ったサラダ

とこんな感じで。

アーティチョークの生なんてこの時期ならでわですね

シェフの方と、トスカーナ名物の前菜を盛り合わせて頂戴とお願いしたんですが、

「 チーズ 」「 生ハム 」「 トリッパ 」「 肉 」 は避けてね

と、とんでもないお願いをしたのにもかかわらず、こういったものをうまい具合にきれいに盛り付けてくれました

日本人はこういう、ちょっとずついろいろな種類が好きですもんね。

それにおしゃれに盛り付けてくれたし。

そしておいしいんですよねぇ...これがまた

続いては、ここのスペシャリテでもあるニョッキ

buonoita17 (70).jpg



ミートソースとレモンソース、そしてこのトマトソースがありました。

これも、ちょっとずつ取り分けてくれました。

ほんとここのニョッキは特筆ものです。

行かれたら絶対に召しあがってくださいね

そしてもう一つ種類は、

アーティチョークのリゾット

buonoita17 (71).jpg



日本の締めによく出る 「 おじや 」 のような感じで、優しい味でおいしいんですよ。

これもこの時期のみの限定です

そんなわけで、この後メインも勧められたけど、さすがにおなか一杯になったので、この辺で。

でも別腹で、自家製のティラミスもいただいて...

buonoita17 (72).jpg



これも出来合いではなくってここで作ってるってこともあって、おいしかったです。

いやー、やっぱいいですね


お店
名前 : TRATTORIA ACCADI
住所 : VIA BORGO PINTI 56r 50121, FIRENZE
TEL : 055-247-8410
営業時間 : 12:00 〜 14:30 / 19:00 〜 22:30
定休日 : 日曜日
URL  :
 https://www.trattoriaaccadi.it/


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: