2018年11月06日

昼はイタリアンだったんだけど


サールナートの見学を終えてお昼ご飯へ

この日はちょうどインドの旅の中日にあたるので、昨夜と同様カレーを完全に排除したメニューを

ということでイタリアンを手配してくれました

以前ヴァラナシでスパゲティーをいただいたお店は、
イタリアで食べるのと匹敵するくらいとてもおいしかったので、今回もちょっと期待して...

前評判ではかなりいい店だということということもあったしね

そんなわけで、そのレストランがあるのは我々が宿泊しているラマダホテルのすぐ近く。

HOTEL SURYA

1818 年に、古代ネパール国王の王宮として建てられた建物を改装してホテルとして使用しています。

そこの地上階にあるレストラン、Canton Royale Restaurantで。

indo18 (155).jpg



何となく英国コロニアル調の雰囲気が残るレストランは、雰囲気もいいですね

ここではイタリアンのコース料理をイメージしていたんですが、
なんかいろいろなものをウェイターさんがサーブしてくれるとか

というわけで、始めに持ってきてくれたのが、

Minestrone

これ

indo18 (154).jpg



ミネストローネというと、日本ではイタリアのトマトスープってイメージがあるけど、
本場イタリアではトマトなどどーでもいいらしいです。

具だくさんのスープという意味で、たっぷり野菜が入っていて、たまにプロシュットとかパスタとか入れたりもします。

ま、イタリア版お味噌汁といった感じでしょうね。

今回のも、ミネストローネっちゃミネストローネだけど、なんか甘ったるくってさすがに

ちょっと違うかな

なんて思ったりしました。

そしてパンは、結構おいしかったですよ。

indo18 (159).jpg



そして次は、TOMATO BRUSCHETTA

indo18 (160).jpg


具だくさんでこれはこれでなかなかおいしかったです

続いて、BUFFALO CHICKEN WINGS

indo18 (158).jpg



これなんかもうほとんどアメリカ料理ですね。

indo18 (162).jpg



辛口を期待していたんですが、ちょっと甘ったるくてがっかり...

PASTA SALAD

indo18 (157).jpg



ま、普通っちゃ普通。

んで、ITALIAN MEAT BALL WITH TOMATO BASIL SAUCE

indo18 (164).jpg



やっぱ、イタリアンというより、これもアメリカンだね。

PENNNE ARRABIATA

indo18 (166).jpg



一口食べて...

あまーい

で、ぶよぶよ...

この前のお店とえっらい違いだ...

最後は、LASAGNA

indo18 (168).jpg



パスタがないやん...

超甘いミートソースとミックスベジタブルとチーズ...

えらいこっちゃ...

ここ、なかなか評判のいいレストランっぽいんですが、メニューの選択を間違ったのかな?

それともカレーを専門に調理している人たちに、それ以外のものを作れっていっても無理があるのかな?


デリーやムンバイといった国際的大都市は別として、インドの田舎町は無理してカレーを外しても、当たりは少ないんでしょうね

カレーを食べた方が無難ですね。

どこ行ってもたいていおいしいし


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: