2018年08月23日

最近流行っている蘭州牛肉麺


以前、日本橋ランチシリーズ第三十二弾で紹介したお店

小楠国

今回も行ってみました

このお店はものすごい人気らしく、この前はたまたま 13:00 過ぎということもあって、すんなり入れましたが、今回は 11:30 ちょっと過ぎ。

でも、5分ほど待ったら入れました

日替わりランチも捨てがたかったんですが、パッと目についたのがこちら。

蘭州牛肉麺 ( 刀削麺 ) セット
( サラダ、点心、デザート付き )
¥1,000


これです

tosho18 (1).jpg



麺、ご飯、漬物、点心と杏仁豆腐が付いています。

ちなみにご飯はお代わり自由ね


蘭州牛肉麺ってのはさっぱり味で牛肉エキスがたっぷり。

パクチーがいい感じで東洋感を出しています

tosho18 (2).jpg



麺は、かっこで ❝ 刀削麺 ❞ って書いてあるだけあって、平麺。

tosho18 (3).jpg



これはこれでおいしいですね。

デフォルトで、スパイシーソースが入っているんですが、これを絡めながら食べるのもいいですし、ここから黒酢を少し加えたり、醤油を少し加えたりと、味の変化が楽しめるところもいいですよ

ちなみに蘭州ってところは、中華人民共和国甘粛省の省都になります。

甘粛省って...どこ???

中国の北西部にあたり、西側には新疆ウイグル自治区、北には内モンゴル自治区、南にはあの辛いので有名な四川省。

街のど真ん中に黄河が流れています

唐〜宋の時代にはシルクロードの交易の拠点となり、西域と東域の文化が入り交じってたいそう繁栄しました。

そのため名所旧跡がこの界隈にはたくさん残ってるんですよ。

そんな省都蘭州。

ここで有名なのはやっぱり牛肉麺でしょうね。

街の中には麺を出すお店や屋台が至る所にある...そうです。

このスープは、
牛骨や牛肉を 10 種類以上のスパイスと一緒に長時間煮込んで作ったスープ

牛の凝縮された旨味と薬膳スパイスの香りがさっぱりしていて、食欲をそそります。

通常の麺は、職人さんが小麦を打って、

一本 二本

二本 四本

四本 八本

...というようにどんどん伸ばして本数を増やしていく、手延べスタイルをとっています。

テレビなんかでたまに見たりしますが、そんなコシのある本場バージョンも、ゆくゆくは食べてみたいもんです。


食べ終わった後お店を出たら、かなりの行列。

それでもひっきりなしにお客さんが来られて、行列を見て帰られる方もたくさんいらっしゃいました。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: