2016年09月05日

朝日に輝く山々の景色も特権


夜が明けて...

日の出前にまたまた展望台まで行ってきました

朝日に輝くマッターホルンは一見の価値があるということで、ツェルマットに宿泊している日本人は、日の出の時間前になると、教会のわきに架かる橋のところで三脚を立てて場所取りして、マッターホルンの雄姿を撮ろうと毎朝バトルが繰り広げられています。

っていうと大げさかもしれませんが、ほんと何回か日本人同士の言い争いを目にしてますからね。

気持ちはわかりますけどね。

夜明け前の 4:00 頃に重い機材持ってきてカメポジ決めて待ってるのに、あとから来た人がその人の前に三脚立てて...って。

そんなこんなで、教会わきに架かる橋のことをいつしか 「 日本人橋 」 と呼ばれるようになりました。

ちょっと恥ずかしいかな...

で、今回はゴルナーグラードの展望台。

ここに上ってくる始発電車は 8:30 着なので、それまでは撮り放題

早朝から朝日を撮ろうなどという奇特な外国人は皆無で、
こんな絶景をほぼ独り占め

suiss16 (133).jpg



ここからマッターホルンは、午後になると逆光になるので、朝は最高ですね

suiss16 (137).jpg



こちらも

suiss16 (132).jpg



日が上がってくるにつれてだんだんと色が変わってきます

suiss16 (138).jpg



モンテローザ側も...

suiss16 (140).jpg



ちょうどこの反対側に、二つのとんがった山々が見えますがこちらがテッシュホルンドーム

suiss16 (142).jpg



いずれもマッターホルンより高い 4000m 級の山ですよ。

その左側はヴァイスホルン ( 4505m )で、

suiss16 (153).jpg



その左が、ちょっと度忘れしてしまったけど、「 チ 」 から始まる何とかって山なんですよね。

そして、オーベルロートホルン ( 3415m )、そしてダンブランシュ ( 4357m ) と続いています。

suiss16 (147).jpg



そのあとに谷があって、マッターホルン

suiss16 (146).jpg



と写真撮ってたら、太陽が見えてきました。

suiss16 (149).jpg



はい、朝日に輝くこちらはモンテローザでした。

suiss16 (152).jpg



ほんとに素晴らしい景色ですよ

それでは朝の景色をパノラマで。

swiss16 (57).jpg



でした


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | スイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック