2018年07月02日

本物の天城越えをしてきました


梅雨時にもかかわらず、河津七滝の見学中は雨がやんでよかったよかった

この後車で 414 号線を北上 💨

このまままっすぐ国道を走って伊豆から沼津の方に抜けてもいいんですが、
途中どうしても行ってみたい場所があったので、ちょっと車で寄り道

旧道に入って山へ突入

くねくねの細い山道がそのうち未舗装の道路になって...

こんなところ車走るのかなと思いながらもどんどんと山を登って行って...

途中にバス停もあったので、バスも走るんやん、こんなとこ

というわけで、峠のてっぺんにあったのがこのトンネル

izu18 (107).jpg



川端康成の小説 「 伊豆の踊子 」 や、松本清張の小説 「 天城越え 」 にも登場するトンネルです。

と言っても僕の記憶では、伊豆の踊子はどっかいってるし 、松本清張のこの本は読んでないし

一番記憶に残ってるのは、石川さゆりの 「 天城越え 」 ですね

カラオケ でもよく歌ってたし、カラオケの画面にはこのトンネルが出てきたので、ここまで来たら是非とも行ってみたいと思ってやってきました

やってきてから分かったんですよ。

このトンネル、正式名称を天城山隧道 ( あまぎさんずいどう ) って言って、1905年 ( 明治 38 年 ) に完成した、全長 445.5m のトンネルです。

izu18 (109).jpg



アーチや側面などすべて切り石で建造された日本初の石造道路トンネルで、
日本に現存する最長の石造道路トンネルだということが

2001 年には 「 天城山隧道 」として国の重要文化財に指定されまています

河津側の入り口はあまり、ちょっとした車を止めるスペースがあるだけで、ただぽっかりと穴があいているって感じですが、こちらの下田側の入り口には石碑があり、駐車場もあり、お手洗いもあります。

izu18 (111).jpg

izu18 (112).jpg



霧も出てきて、それらしい雰囲気になってきました

僕たちはこのトンネルを車で通過しましたが、歩いてる方も何人かいらっしゃいました。

流石に歩くのは...


河津側の入り口には誰もいませんでしたが、下田側の入り口には車が数台と待っており、またハイキング客も結構いらっしゃってました。

そのまま車を進めていっても登ってくる人もかなりいらっしゃいましたよ。

やっぱり有名な観光スポットなんですね。

でも、
このトンネルを歩いて通り抜けようって人はあまりいないかも...


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: