2019年12月17日

栄光の三日間開催中のボーヌ


さて、ボーヌの町へやってきました

この町は何回か来たことがあり、栄光の三日間開催中では7年前に来たことがあります。

そのときの記事はこちらね

ワイン祭り「栄光の3日間」

前来たときは、ちらっと雰囲気を楽しんで、ワイン市場でワインのテイスティングをして...

という感じでした。

今回もお祭りを体験ということで。

まずは、ボーヌ観光の定番である、オテル・デューへ。

ここの解説は、4年前に来たときに書いたので、それを見ていただいて...

ボーヌの名所はオテル・デュー

この日は、ワインのオークションがあるため、そのゲストやマスコミさんなんかの控室として一部使われていました。

こちらが中庭。

france19 (194).jpg



人だかりができてますが、フランスの有名な方みたいですよ。

france19 (193).jpg



とりあえず撮ってみましたが...📷

france19 (192).jpg



そして一般病棟として使われていたところは、マスコミさんたちがスクリーンでその様子を見て取材をする場所と化していました。

france19 (195).jpg



こちらは過去に落札した方々の樽

france19 (202).jpg



ひと樽で 300 ボトル分なんだそうです。

そしてボトルにすると、
落札した人8名分まで名前を入れることができるそうですよ

france19 (203).jpg



日本人でも記念に何人かで集まって落札して、名前を入れてもらう人もいるんだとか

ちなみにこの HOSPICES DE BEAUNE のワインは、同レベルくらいのワインの価格に比べると若干高いみたいです。

というのも、半分寄付みたいなものですからね

ということで、この後オークションが始まる前に、ちょっとボーヌの町のお祭り風景を見に行きました

町のいろいろなところにテントが出ていて、この地方の名物料理を売っていたり、ワインの試飲をやっていたり

france19 (204).jpg

france19 (205).jpg

france19 (212).jpg



もうワインはいっぱいいっぱいだったので、軽くお食事でもと。

そうそう、この日の夜は宿泊しているホテルのでの食事なので、
おなかを空けておかなければいけません

なので、軽く名物を...🍴

ちなみにこの地方の三大名物は、

Bœuf Bourguignon牛肉の赤ワイン煮込み

Escargots à la Bourguignonneエスカルゴ ブルゴーニュ風

Œufs en meuretteポーチドエッグの赤ワイン煮込み

ということなんですが、どの屋台もこれはそろっています

Bœuf Bourguignon と Escargots は翌日食べる予定だったので、ここは Œufs en meurette ( ウフ アン ミュレット ) をいただくことにしました

屋台メシでも有名みたいで、中にはすごい行列になってる店も...

france19 (206).jpg



そんな中の一軒で、ベンチに座りながら食べたのがこれ。

france19 (207).jpg



見た目、お汁粉みたいでしょ

ちょうど卵が半熟でおいしく頂けましたよ

パンにのっけてもいいかもね

そうこうしているうちに、オークションの開始

france19 (211).jpg



ものすごい人ですね。

france19 (208).jpg



このスクリーンのちょっと隣の建物で実際に行われています。

france19 (210).jpg



オスピス・ド・ボーヌは、1457 年にギユメット・ルヴェルニエが最初にブドウ畑の寄進をして以来、5世紀にわたってこワインを醸造しています。

現在では、ピノ・ノワールの畑が 50㏊、シャルドネの畑が 10㏊ の合計 60㏊ のブドウ畑を所有しおり、支配人が選考した 22 人の生産者に栽培を委託しているそうです。

所有畑のうち、85% がプルミエクリュとグランクリュなんだそうですよ。

このオークションは、現在、イギリスのクリスティーズに委託されており、ボーヌの大手ネゴシアンや世界各国のバイヤーが一堂に会する、世界でもっとも有名なワインのオークションの一つなんです。

なんでも世界の高級ワイン市場の動向を探るバロメーターとなっているんだとか。

オークションはこの会場にいる方だけではなく、世界中からインターネットや電話なんかでも参加できるそうですよ。

オークションの利益は病院の設備やオテル・デューの維持、そしてチャリティーの寄付に使われています。

こちらがオークションの一部。




まだまだ始まったばかりなので、1樽 €15,000 前後で落札されていますね。

1樽で 300 本分取れるということなので、1本あたり €50 ということになりますか。

オークションはお姉さんがどんどん値段を言っていって、その値段でよければ札をあげる。

そして落札したら、何樽買うかを伝えるってことの繰り返しです。

スピードが速いのは、どんどんやってかないと終わんないみたいです。

ちなみにこのお姉さんもしばらくやってると疲れてきて、他の人に交代して...

ということで、どんどん続いて行きます。

興味のある方は、来年、オークションに参加してみては...

我々はしばらく見た後ボーヌの町を後にして、ホテルに戻りました。

戻る途中、ちょっとしたパレードにも出会いましたよ。

france19 (213).jpg

france19 (214).jpg



というわけで、大盛り上がりのボーヌでした


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: