2020年06月27日

現代によみがえった名ビール


サッポロビールから、6/16 に発売されたビール。

サッポロ サクラビール 2020

明治 45 年 ( 1912 年 )北九州は関門海峡近く、門司の町で地元の鈴木商店の支援の下に設立された帝国麦酒株式会社

翌年の大正 2 年 7 月に、「 サクラビール 」 というブランド名で造られたビールは、日本国内をはじめ、海外にもたくさん輸出されたそうです

2年ほど前にベトナムに行った際、阮朝第 12 代皇帝であった、カイディン ( 啓定 ) 帝 ( 1916 〜 1925 年 ) のお墓に行ったんですが、そのとき、
建物の一部にこのサクラビールのボトルの一部が使われていたんですよ。

第12代皇帝カイディン帝陵


その後、昭和 4 年 ( 1929 年 ) には帝国麦酒からビールブランドであった桜麦酒に社名変更もしたんですが、昭和 18 年 ( 1943 年 ) には大日本麦酒株式会社に吸収合併されてしまいました。

この大日本麦酒株式会社ってのが、サッポロビール、アサヒビール、ヱビスビールの前身だったビール会社が合併してできた巨大な会社で、キリンの前身だったジャパンブリュワリーと双璧を成す巨大な企業でした

ところが、昭和 24 年 ( 1949 年 ) この会社も解体され、朝日麦酒 ( 現アサヒグループホールディングス ) と日本麦酒 ( 現サッポロホールディングス ) に分割されました。

ここで、サクラビールの歴史は終わってしまいました


って、ざっくり書きましたが、この辺りの詳しいことはビール検定を受験すればいやでも勉強しますので、受ける予定のある人はしっかりと勉強してくださいね

吞兵衛まっしぐらの検定試験

前置きが長くなりましたが、そんな日本のビール史を語るうえでとっても重要な位置を占めていたビールが、サッポロビールから復活

sakurabeer20 (2).jpg



昔のロゴと 2020 の文字がいいですね

それにレトロな感じが...

でも何となく中途半端かな

なんとなくレトロで、でもなんか今風で...

どうせならフォントも含めてもっとレトロ感を出した方が目立ったかも...

缶の裏には簡単な説明がありました。

sakurabeer20 (1).jpg



ビールの色は、いまどきのビールに比べると気持ち琥珀色が濃いめかな?

味わいはまろやかで、昔ながらのビールの特徴である、ガツンとくる苦みはあまりなく、割と飲みやすい感じでした。

昔のビールというと、キリンクラシックラガーやサッポロ赤星のような、熱処理をしたガツンとした味わいのビールを想像していたんですが、こちらは非熱処理の生ビール。

当時はどうだったのかわかんないけど、これが現代風にアレンジってことなのかな?

苦みは割と少なく、まろやかな感じでおいしく頂けました🍺

当時は、全国シェア9% をとっていたサクラビール。

限定醸造なので、試したい方はお早めに


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村













posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: