2019年08月31日

祇園界隈〜八坂の塔から二寧坂


祇園・花見小路をちょこっと歩いた後は、東大路通りを渡って東側へ 👟 👟 👟

ちょうど八坂神社のある四条通りと清水寺のある五条通の中間地点。

八坂通を東に見ると、ここらあたり周辺のランドマークにもなっている
八坂の塔が目の前に見えます

gion19 (9).jpg



周辺に目立った建物もあまりないので、特に目立つんですよね

京都らしい雰囲気を醸し出しているこの塔は、正式名称は法観寺と呼ばれているお寺さんです。

589 年に聖徳太子が如意輪観音の夢のお告げにより塔を建て、仏舎利を納めたのがこのお寺の始まりだといわれています。

ちょうど日本に仏教が伝わって、50 年ほど経った頃ですね。

現在の建物は、永享 12 年 ( 1440 年 )に足利義教によって再建されたものだそうです。

高さは 46m で、ちょっとした坂の上に建っているので、結構目立ちますよ

この八坂通りからの塔の眺めも、よくインスタ映えスポット 📷 として知られていますし、この塔の右側ぐるっと回り込んだところから、二寧坂に行く手前から振り返ってみるのもよく紹介されている風景です

この辺りの風景はそのうち特集でも組もうかな?

今回は暑い夏の、真昼間、一番暑い時間帯にうろうろしていたので、じっくりと写真撮るのも疲れてました が、今度は春 や秋 、冬 の時期なんかもいいかな?

また時間帯も夜になるとライトアップするので、それも見逃せないのですが、実は日没後約 30 分後くらい、街の街灯がぽつんぽつんと火が入るころの、いわゆるマジックアワーと言われている時間帯も、それはそれは見事なんだそうです

今度は愛用? の借り物だけど SONY のミラーレス一眼で撮りに行ってみようかな?

そんな八坂の塔のすぐ脇に、
これまた京都のインスタ映えスポットの必ず上位に紹介されているお寺、八坂庚申堂 ( やさかこうしんどう ) があります。

通常お寺などでお願い事をするときは、絵馬に書いて奉納しますが、こちらは絵馬の代わりにくくり猿というものに願い事を書いているそうなんですよ。

カラフルなくくり猿がずらっと垂れ下がってる風景をバックに着物や浴衣で写真を撮るのが流行ってるんだとか 📷

gion19 (10).jpg



境内に入ったら、

ここはお寺なのでまず御本尊にお参りをしてください

写真はそのあとにお願いします


なんて注意書きが書いてあるところが京都らしいですね

ここのお願い事を書くくくり猿というのは、手足をくくられて動けなくなった猿の姿のお守りなんだそうです。

gion19 (11).jpg



なぜ猿がくくられているのかというと、欲望のままに行動する猿を動けない姿にすることで、欲に走らないよう人間を戒めているんだとか。

なので本来は欲を捨てることによって願い事をかなえる...

なんか矛盾してるようにとらえられるかもしれませんが、
なかなか奥が深いんですよね、仏教って

というわけで、八坂の塔を見て、八坂庚申堂でお参りした後はぐるっと回って...

そのまま坂を上っていくと、清水さんに通じる産寧坂に行くのですが、今回は祇園の円山公園にある駐車場に車を止めていたので、その手前の二寧坂を下って...

gion19 (12).jpg



このあたりもインスタ映えスポットみたいですね 📷

インスタやってないけど、思わず写真を撮ってみましたよ

坂を下っていくとまた古い建物が。

gion19 (13).jpg



この奥は私有地なので、中に入って写真撮ることは遠慮しましたが、この角っこには
誰もがよく知っているコーヒーショップ がありました

gion19 (14).jpg



なんと和風な...

入り口はこんな感じで。

gion19 (15).jpg



なんかここ入ったらあんみつなんか出てきそうな雰囲気ですよね。

この前で写真撮ってたら、アルゼンチンから来たという若者がつぶやいてました。

これがスタバか...って。

目があったら、

「 京都のスタバってみんなこんなん?」

って聞いてきたので、

「 いや、ここだけやと思うよ。ほかの場所は普通の緑のロゴやし 」

ってちょこっとお話をしてみました。

あ、もちろんスペイン語ではなくって英語でね

そんなこんなで久々に
京都らしい観光地を観光客っぽく写真を撮りながら歩きました

それにしても...

外国人増えたなぁ...

そして...

暑かった...


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: