2017年12月18日

神楽坂でニョッコ・フリット


こちらのお店のお話をしていて、前回の僕のブログや Facebook も見られた、イタリアにとっても深くかかわっているお仕事をしている人から、どうしても行きたいとの話が合って、日程を調節し、約 1 ケ月前に予約を入れて、やっと念願のお店にお連れすることが出来ました

半年以上も前から言われていたんですが、なかなか日程が合わなかったり、予約が取れなかったりしていたもんで💧


いったお店は神楽坂にあるIl Bollito っていう、
エミリア=ロマーニャ州の料理屋さんです。

お店の詳しいことは前回の記事を見ていただいて...


今回も予約をしたときに

「 このお店はどうしてご存知になったのですか? 」

というおなじみ !? の質問には、

前回行ってとっても良かったのと、その話を友人にしたらとってもとっても行きたいと言っていて、その方の半年間の夢をかなえたいということで...

で、無事予約を入れて、お店にGo

全員揃うまではちょっとお時間がかかりましたが、まずは前菜の盛り合わせで

エミリア・ロマーニャ郷土料理の冷たい前菜盛り合わせ 4 種¥980

bollito17 (3).jpg



チッチョラータ
プロシュート・ディ・パルマを作る豚の頬肉のミンチを炒めたチッチョーリを煮固めて作る煮凝り。
これにバルサミコがかかってます。

アグロドルチェ
は玉ねぎの甘酸っぱいマリネ

それにファッジョーリの料理と、卵の黄身を使ったザバイオーネ

このザバイオーネ、とってもとっても軽い食感でパンにつけて食べると最高においしかったですよ

bollito17 (4).jpg



ま、全部が全部おいしいんですけどね

そしてこの店に来た一番の目的は、これを食べること

これがメインディッシュ !?

プロシュートとニョッコフリット

bollito17 (5).jpg



この店のプロシュートのすごさは以前にも書いたんですが、今回も二種類の部位をスライスしてくれました

それをアツアツのニョッコフリットにくっつけて、プロシュートの油をちょこっととかしていただく...

これ食べられる店、都内でもなかなかないんですよ

って、これがメインってのも何なんですが、めちゃおいしかったんですよ。

で、
この量のプロシュートでこのニョッコフリットはちょっと少ないね

なんて話してたら、店員さんから、

「 追いニョッコします? 」

とのうれしいご提案が

こんなことする人、いないでしょうね?

また追加でニョッコを頼んでアツアツのを最後までアツアツでいただくことが出来ました

ちなみにこのニョッコフリットを食べるには同じくエミリア=ロマーニャ産の発泡性赤ワインである、ランブルスコが絶妙にあいますよ

そしてそれ以外のお食事は、

トリッパ

bollito17 (7).jpg



通常トリッパってのは、牛の第二胃袋、通称ハチノスをトマトソースで煮込むんですが、こちらはランプレドットのようにトマトソースは使わず、野菜スープでのみ煮込んでいるので、食べやすいですよ。

ファッジョーリも加えてね

bollito17 (9).jpg



とってもやわらかくてトロットロで

でさっぱりしててね。

そして次は、

肉の三種煮込み

bollito17 (10).jpg



牛とチキンとポークの煮込みで、これも柔らかく調理してありましたよ。

牛肉なんかほろほろでね。

これをスパイスソースをつけて味の変化を楽しみながらいただきます

bollito17 (12).jpg



このあたりにきて新たにワインを注文

おすすめを聞いたら 3 本持ってきてくれたのですが、その中でからこちらをチョイス

QuarticelloBORDONE ROSSO EMILIA

bollito17 (14).jpg



マルベーラ種が主体のブレンドで、確かカベソーも入ってたかな?

肉にもばっちり、単体でもばっちり

おいしくいただけました

こちらのお店のスタッフも毎年エミリア=ロマーニャ州の各所に行かれて、お勉強などをされているそうです。

その時に出会ったワイナリーだっておっしゃってました。

bollito17 (15).jpg



そしてパスタはこれも珍しい、緑のパスタ。

bollito17 (17).jpg



というわけで、今回もとってもおいしいお食事会となりました。

やっぱりお食事がおいしいと幸せな気持ちになりますね


イル ボッリートイタリアン / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

夜総合点★★★★ 4.3




にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: