2017年10月01日

福岡へはやっぱり九州新幹線


広島の後は福岡へ移動。

前日は広島駅とほぼ直結しているホテルに宿泊だったので、翌日の移動は楽でしたよ。

広島から福岡へは当然新幹線🚄

のぞみ

さくら

みずほ

ひかり

こだま


と、計 5 種類の新幹線が走っているんですが、ここで第一チョイスは、
さくらみずほに乗りたいなと。

というのも、新幹線の普通席は、主に2-3の配列ですが、山陽・九州新幹線の 2 種類は普通車指定席に限り、グリーン車と同じ2-2の配列なんです

やっぱりちょっとゆったりしたいですもん

というわけで、この時間のこの区間だと、速達タイプのみずほも普通のさくらも所要時間もそれほど変わらないし、途中抜かされるということもないので、時間的にもちょうど合ったさくらにしてみました

hakata17.jpg



車両はN700 系なのでいつもの新幹線と同じなんですが、内装は木目調のブラウンチックなので何となく高級感がありますね

で、座席は2-2の配置なのでゆったりです

でも、東海道新幹線は 3 列席がそのまま回転するためのスペースを取っているので、シートピッチは広いんですが、こちらは 2 列が回転すればいいだけのスペースでいいので、そんなにピッチはありません。

でも窮屈ってわけではありません。

どちらがお好みか、選べますからいいですね。

ちなみに自由席は東海道新幹線と同じ2-3配列なのであまり変わらないと思いますよ。

九州新幹線のネーミング、さくらとみずほは僕にとっては新幹線というより、
東京発のブルートレインというイメージがまだまだ強いです。

16:30 発 長崎・佐世保行き さくら

16:45 発 西鹿児島 ( 現・鹿児島中央 ) 行き はやぶさ

17:00 発 熊本・大分行き みずほ

18:00 発 西鹿児島行き 富士

18:20 発 浜田行き 出雲1号

18:25 発 博多行き あさかぜ1号

19:00 発 下関行き あさかぜ3号

19:25 発 宇野行き 瀬戸

20:40 発 紀伊勝浦・出雲市行き 紀伊・出雲3号

22:45 発 大阪行き 寝台急行銀河


( 出発時間や行先は何度か行われたダイヤ改正で微妙に変わってます )

この後、運転区間が短くなったりしましたが、頑張って走り続けてました。

でも...ついに 1994 年のダイヤ改正から徐々に姿を消していきます

1994 年にみずほは廃止となり、さくらは 1999 年に佐世保行きをやめはやぶさと併結運転となったんですが、2005 年 3 月のダイヤ改正で廃止されてしまいました

最後まで残ったのが、富士とはやぶさ

1965 年のデビュー当時から 1980 年までは、日豊本線経由で当時の西鹿児島まで、
1574.2 km を 24 時間かけて走っていました

これは定期運航されるブルートレインの最長記録で今後も破られることはないでしょうね

子供のころから、
この「 一番長い距離を一番時間をかけて走る列車 」ということで大好きだった列車です。

でもこちらも 1980 年には南宮崎まで、そして 1997 年には大分までに短縮され、2005 年からははやぶさと併結運転となり、東京駅最後のブルートレインになってしまいました

やっぱ、時代の流れですね。

いやー、調べていたらめちゃ懐かしくなってきました

ついでに新大阪からも九州方面に寝台列車が出ていて、

あかつき 彗星 なは

なんかが走っていましたが...

なんか長くなるのでこの辺にしておきますね。

ちなみに、僕の地元の京都から九州方面にブルートレインで行くときは、
わざと 京都 → 新大阪 間は新幹線の切符を買っていきます

そうすると、新幹線乗り継ぎ割引が適用され、

新大阪から先の特急券が半額になるんです

新幹線自由席特急券代がその当時 ¥800 でしたから、かなりお得になったんですよ

と、九州新幹線のお話を書こうと思ったら、なんかブルートレインの歴史の話になってしまいましたね。


というわけで、博多までは 1 時間ちょっとで到着。

そこから地下鉄に乗り換えて一番の繁華街である天神に移動し、トーク会場へ。

またまたがっつり早めのお昼をいただいた後トーク開始となりました


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村







posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: