2018年04月09日

茂原のお洒落なイタリアン


そんなわけで、今回茂原に来た目的はこのお店でお食事すること

PESCE AZZURRO

pesce18 (6).jpg



はい、このお店のシェフが何度かうちの地元に来て、料理教室を開催してくれます

何度か参加させていただいたんですが...

イタリア料理教室で新たな発見


第二回目のイタリア料理教室


いろいろと話を聞いていて、いつかは行ってみたいと思っていたんですが、
やっと時間と予約が取れたので行ってみることにしました

お店は茂原の駅前繁華街からだと車で 5 分くらい。

住宅街の中にあります。

お店は白を基調としていて、
イタリアンイタリアンしていないシンプルな設計

pesce18 (2).jpg

pesce18 (5).jpg



半オープンキッチンです

pesce18 (3).jpg



ここのウリはなんといっても地元の食材を使った創作イタリアンということで、面白そうです

この日は残念ながら、シェフは外のイベントに出ていらっしゃったのでお話はできませんでしたが



まず、ランチメニューを見て...

pesce18 (4).jpg



C ランチ ¥1,480 にしてみました


まずは前菜三種盛り合わせから。

pesce18 (7).jpg



車海老の白ワイン蒸し

チーズを練り込んだポレンタ

タコのマリネ


ポレンタってぱさぱさとかざらざらしたってイメージがあるんですが、
これにチーズを練りこむって発想は面白いです

食感も滑らかで美味しかったですよ

タコは、大原漁港のタコで、なんと伊勢海老を主食にしているらしく、とっても柔らかくて味も濃かったですよ

贅沢ですねぇ...

次のパスタはチョイスでこれ

pesce18 (8).jpg



緑のカルボナーラ

珍しいでしょ?

野菜を練りこんだカルボナーラで、わさびの風味が特徴でした

辛くは全然ないんですけど、いいアクセントで斬新でした

スープパスタっぽい感じなんですが、でもしっかりと麺にソースが絡みついてきていいバランスでいただけました。

こちらも当然シェフの創作もので、その中でも自信作なんだそうな

絶対に...イタリアでは食べられない、まさに日本の技術満載です

デザートは、お任せ 3 種盛で

pesce18 (9).jpg



カシスのジェラート

パンナコッタ

かぼちゃのプリン


パンナコッタは濃厚で滑らかで、なかなかイタリアでも出会えませんよ

かぼちゃのプリンはこのお店のスペシャリテ

全体的に甘さ控えめで、日本人にはぴったり。

これで飲み物がソフトドリンク 2 杯付きなので高コスパです

僕は、ソフトドリンク 1 杯分は一番のちびちゃんにあげて別料金でグラスワインをオーダー。

残りの分をコーヒーにしました。

ま、お願いすることがあれば、グラスワイン一杯込みにしてくれたらありがたいなぁ...

それとエスプレッソもあったらもっと良かったかも。

このお店は地産地消にこだわったお店で、食材はほとんどが千葉県産もの

それも一般には流通してない特別な農家から仕入れてるものもあって、絶品ですよ

以前、シェフの話で、プロの料理人とシロートの料理人の違いをいろいろと教えてもらえました。

火の入れ加減や調理中の温度、タイミング、調味料などの合わせ技などレシピ本から読み取れない部分で真似ができないものも多いんですが、一般では手に入らない素晴らしい食材 ( 別に超高級食材ではないんですよ ) を独自に仕入れられるってのも強みみたいです

また機会があったらいってみよう

そして料理教室も、申し込まなくちゃ


お店
名前 : PESCE AZZURRO
住所 : 千葉県茂原市町保 4-86
TEL  : 0475-26-4120
営業時間 : 11:30 〜 15:00 / 18:00 〜 24:00
定休日 : 不定休
URL  :
 http://www.pesce-azzurro.net/
 
千葉県茂原にある、地産地消をモットーにした創作イタリアンを提供してくれる店。
オーナーシェフの池田氏はもともと日本食料理人だったが、イタリアに行って修行され、地元千葉の素晴らしい食材を使い、和のテイストをふんだんにちりばめた創作イタリアンを開発されています。
出張料理人としても、地方各地に飛び回っているシェフのオリジナルイタリアンをぜひ楽しんでください。
店舗での営業のほか、人気があるのがいすみ鉄道のクルーズトレイン内での食事提供も、予約が取れないくらい人気です。



ペッシェ・アズーロイタリアン / 茂原駅

昼総合点★★★★ 4.2





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村











posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: