2019年09月28日

茨城の横浜家系ラーメン一心


守谷のジョイフル本田に行った帰り、どこかでお昼ご飯を食べようと

もう時間も 13:30 まわっていたのと、6,000歩近く歩いていたので、結構お疲れモード

家に帰りがてらどこかないかなとネット検索していたら、ラーメン屋さんがヒット

というわけで立ち寄ったのがこちら。

横浜ラーメン 一心

isshin19 (8).jpg



お店のお隣に、3台ほど停められる駐車スペースがあるんですが、お店は常総ふれあい道路という比較的交通量の多い通りに面していて、ちょっと入り辛かったです

入り口も車一台分の間口しかなくて、すでにスペースに一台停まっていたので、これはバックでいれないと...

というわけで、信号で交通が途切れるのを待ってそのままバックで突入。

よかった

うまい人の運転で...

そんなこんなで、14:00 閉店のこのお店、ぎりぎりに入店

お店はL字型のカウンターのみで、16 席ほど。

isshin19 (1).jpg



椅子の後ろはいずれも壁で、待つ人用のベンチがずらっと並んでいます

そんなに並ぶんや...

と思いながら、でもこの時間だったので、すんなりと入れました

ラーメンも数種類あったけど、ここは基本の普通のラーメン ¥650半ライス¥150

メニューを見ると、チャーシューにこだわっているようで、
いずれも自家製のチャーシュー

基本のラーメンはもも肉を使っているそうですが、チャーシュー麺はもも肉のに加え、バラ肉肩ロースと選べるようです。

と、そんなこんなでしばし待つと 10 分弱でラーメン到着

isshin19 (3).jpg



割と厚めに切られたもも肉のチャーシューが2枚

それに大き目のノリ3枚

ほうれん草、ネギといった感じのトッピング

スープはちょいとろみがかった濁ったとんこつですが、動物臭さはなくやっぱり家系ですね。

でもそんなに濃厚ではなく、家系とくくられる中ではマイルドでしょうか

麺は太麺で、麺を食べてる分にはそんなに感じませんでしたが、スープだけを飲むとちょっと塩辛く感じました。

isshin19 (4).jpg



スープはそのまま飲まないのがデフォなのかな?

ご飯との相性もばっちりでしたよ。

テーブルにはニンニクが置いてあったので、この後人と会う予定もないし、息を使うこともなかったので、小さじいっぱい入れてみると
味わいが変わりコクが格段に増しました

やっぱりニンニクとの相性は最高の横浜家系ですね

チャーシューはもも肉だとちょっと脂分が足りなかったか、焼豚というよりも蒸されていたような食感で、柔らかかったけど、さっぱりし過ぎのような気がしました。

バラ肉の方がよかったかな?

このお店の店主は、なんでも横浜家系の総本山ともいわれている、「 吉村家 」 で修行され、この地で営業していた 「 わかとら家 」 で働いてでいらっしゃったとか。

そして、大将が引退されたとき、このお店を引き継いで名称を変えて営業をされたという、正統派の横浜ラーメンと言われているそうです

チェーン店の家系ではなく、単独での営業も魅力的ですよ。

ご飯と一緒にがっつりいただいて満足でした。

帰りがけ、レジのところに気になる置物発見...

isshin19 (5).jpg



人相悪っ

写真撮ってたら、店員さんに笑われました


お店
名前 : 横浜ラーメン 一心
住所 : 茨城県取手市戸頭 1274-3
TEL  : 0297-78-1821
営業時間 : 11:00 〜 14:00 / 17:00 〜 20:45 【 火・水・金〜日 】
11:40 〜 14:00 【 木曜日 】
定休日 : 月曜日 ( 祝日の場合は翌火曜日 )



関東鉄道 戸頭駅より徒歩 20 分。
横浜家系の総本山ともいわれている 「 吉村家 」 で修行された御主人が営業しているラーメン店。正統派家系のラーメンとあって、交通が不便なところに位置しているのにもかかわらず、行列ができるほどの人気店です。見た目は濃厚ですが意外とさっぱりいけるのと、自家製チャーシューが魅力のお店。チャーシューは販売もしています。



横浜ラーメン 一心ラーメン / 戸頭駅南守谷駅稲戸井駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7






にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: