2017年03月08日

虎ノ門の北海道料理屋さんへ


今回はちょっと虎ノ門で用事があったので、せっかくなのでその近くで夕食を 🍴

と、せっかく初めての場所に出お食事するのに、
またまた行き当たりばったりのお店選び

このいい加減さ、何とかならんのかな?

一応、食べログとかでめぼしいところを探していってみたんですが、なんかちょっと...

というわけで、何件かお店をまわって何気に新橋方面に歩いて...

適当なビルの中に適当に入ってみました

そこには何店舗かお店はあったのですが、目に入ったのはこのお店。

北海道はでっかい道 オホーツクの恵み 網走市 西新橋店

ohotsuku17 (9).jpg



お店は空いていたので、大丈夫かなと思ったんですが、とりあえず入店。

奥の窓際の席に案内してもらいました

ohotsuku17 (1).jpg



さっそくビール 🍺 と...

お通しは 3 種類から選べるそうです。

その種類とお値段も言ってくださいました。

最近、お通しのことでいろいろともめるってこともあるみたいですよね。

ビール頼んだら勝手に食べたくもないのに持ってきて、お金取られたっていう...

なので、お通しを断るとどうなるのかとか、なんとかかんとか...

この辺が日本のあいまいさなんでしょうかねぇ。

フランスやスペインの高級レストランなんかでは、
アミューズブッシュっていうおまけがついてくるし、
イタリアだとどんな料理注文しても、コペルトって、パン持ってきて席代みたいなので強制的に勘定書きについてくるし...

ま、イタリアのはメニューにしっかり書いてますからね。

スペインのバルなんか飲み物注文したら、自動的にサービスでタパス一皿ついてきたりするお店もまだまだ健在ですよ。


その一皿がまたおいしいのなんのって...

そのお店のとどめの一発しょっぱなから出てきたりするもんですから、いいですよね

てなわけで、日本もしっかりと席料とかお通し代とか記載しておけばいいんじゃないかな?

なんて思ったりもしていますが...

ま、その辺のことは行政やお店にお任せして、

今回お通しでお願いしたのは、

生ガキ

ohotsuku17 (2).jpg



久々に食べましたよ。

おいしかった...

お食事は、

まずはサラダから、でっかい道サラダ ハーフ ¥580

ohotsuku17 (3).jpg



そして、

仕入れは海まかせ! 北海道鮮魚 お宝桶盛 ¥1,380

ohotsuku17 (4).jpg



そして、限定 という文字にひかれた、

《 新鮮ジビエ 》 蝦夷鹿もも肉のたたき ¥780

ohotsuku17 (7).jpg



シカ肉って癖あるってよく言われますが、全然そんなことなく、嫌な臭いも全く感じず、
噛めば噛むほどワイルドでおいしくいただけました

肉も柔らかかったしね。

【 看板料理!本場の味!】 ジンギスカン鉄板焼 ¥850

ohotsuku17 (8).jpg



も頼んで、盛り上がり...

スプリングラムチョップ ¥490/1 本

ohotsuku17 (5).jpg



いやー、これも柔らかくてジューシーで...

やっぱり北海道物はおいしいですね

魚介類と羊とシカと...

食べるものがいっぱいあって困ります

そして、締めというかメインというか。

この日は非常に寒かったので、鍋物から、北海鍋 2017 ¥1,280

ohotsuku17 (6).jpg



というわけで、今回も食べて飲んで...

やっぱり仲間とワイワイ騒ぎながらの会食は楽しいですね。

それと東京にいたらほんと、北海道の新鮮なお料理も堪能できる...

うれしいです。

その代わりちょっと高いけどね。


お店
名前 : 北海道はでっかい道 オホーツクの恵み 網走市 西新橋店
住所 : 東京都港区西新橋 1-3-1 西新橋スクエア 2F
TEL  : 050-3468-7872
営業時間 : 11:30 〜 14:30 / 17:00 〜 23:00
定休日 : 土・日・祝日
URL  :
 こちらから

銀座線の虎ノ門と新橋の間くらいにあるお店。
都営地下鉄三田線の内幸町が最寄り駅です。
オフィスビルの 2 階、エスカレーターを上ったら真正面に見える派手店頭はインパクト抜群。
北海道の漁港や農家からの直接買い付けなどで、新鮮な食材を調達し提供してくれます。
東京にいながら本物の北海道が楽しめます。





関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 内幸町駅虎ノ門駅新橋駅





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック