2019年07月28日

赤湯温泉大浦葡萄酒の白


赤湯温泉で宿泊した宿、近江屋旅館のすぐ隣にもワイナリーがありました

大浦葡萄酒

こちらも家族経営のこじんまりとしたワイナリーですが、赤・白、スパークリング、そしてアイスワインなどの甘口ワインも作っています

1939 年の創業以来、地元産の良質なぶどうだけにこだわった、
赤湯温泉の地ワインを造っている会社です。

あくまで地元にこだわり、地元の人に大いに親しんでいただこうと、
一升瓶のハウスワインも作っていて、コストパフォーマンスが非常によく、地元の人たちに大いに愛されている会社です。

ちょっと僕が買うには大きすぎるのと、こんなの買ってしまったらもったいなくって一日で飲んでしまって、アル中街道まっしぐら..

ここで購入したワインは、このワイナリーの看板商品ともなっている、

大浦葡萄酒 の白・辛口です

早速持って帰って、冷やして飲んでみました

ourawine19.jpg



試しにということで、ハーフボトルを買ってみました。

これ、ブドウはデラウェア 100% ということなんですが、デラウェアってのはよく八百屋さんなんかで見かける、種なし葡萄として食用に用いることが多いですね

このブドウでワインを作る時は、普通甘口にすることが多いらしいんですが、これで作った辛口...

グラスに注ぐと、あまりにもフルーティーな香りが漂うのですが、口に含んでみると、

頭の中では甘口...でも味はきりっとしたドライ...

このギャップに脳が混乱してなかなか面白い体験をさせていただけました

香りと味のギャップ...

面白いですね

ちなみに山形県はデラウェアの生産が日本一なんだとか。

おいしいブドウで作ったワイン...

楽しませていただきました


このワイナリーではその他にも、このデラウェアとナイアガラ種をブレンドした甘口の白や、ブラッククイーンとベリー・アリカントAをブレンドした赤ワインなどたくさんの種類のワインを製造しています。

ここのアイスワインは、ヨーロッパなどで作られる、凍ったブドウを収穫するのではなく、通常通りブドウを収穫して圧搾。

その
ブドウジュウスをエキス分と水分が分離するようにゆっくりと冷凍

それを2回ほど繰り返してエキス分のみを抽出し、ワインと作るってものだそうです。

ヨーロッパやカナダなどのアイスワインの基準からすると、アイスワインと名乗れないようですが、味わいの違いが気になるところですね。


海外の友達にはどうやって説明したらいいかな?

ICEWINE / EISWINE だと誤解を生むしね

Freezed Wine だとワインが凍ってるイメージだし

Frozen extract Wine だとなんか科学っぽいし

Wine in a frozen state... しっくりこないなぁ...

Types like Icewine なんかパッとしない...

ま、どーでもいっか。

ま、Icewine みたいなものということで...あとはゆっくり説明しよう


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村












posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | ワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: