2018年04月06日

飛行機に乗ってやっぱり弁当


やっぱりたこ焼きだけではおなか一杯にならないですもんね

この後羽田空港に行って、そこから家に帰ってから晩ご飯となると、0:00 近くになるので、飛行機の中で食べる用のお弁当を買いました

ちょっとリッチにこんなのを。

kyoto18 (74).jpg



神戸のすき焼きとステーキ弁当

創業明治 36 年の老舗駅弁屋である、淡路屋さんが作ってる弁当です。

主に新神戸駅で販売しているんですが、関西の大きな駅では結構おいています

今回伊丹空港でも見つけたので買ってみました

空弁

ではなくて

駅弁

って表記してあるんですね。

漆黒の箱に白と金色の文字なので、高級感が漂ってきます

タイトルが、神戸のすき焼きとステーキって書いてあるので、神戸牛を使ってるのかなと思ったのですが、そうではなくて神戸の味付けなんだそうです

なんと、紛らわしい...

ほたら、どこの肉やねん...

オージービーフ?

アメリカ産?

いやいや、ちゃんと国産牛を使ってるみたいです。

でも...

ね、

オーストラリア育ちの和牛 ( 黒毛和種 ) と、日本育ちのホルスタインとどちらがおいしいのか?

あまり国産にこだわり過ぎない方がいいかもしれませんね。

そんなこんなで、こちらのお肉...よくわかんなかったけど、柔らかくてうまいんです

お肉の味...というより、味付けと食感ですかね。

kyoto18 (75).jpg



ご飯はキノコピラフで、その上がステーキ

その隣がすき焼きで右下がクルミの甘煮


これを神戸牛を使ったらとても ¥1,200 では提供できそうにないです

見た目もゴージャスで味もそこそこおいしい

神戸牛にこだわらなくても、国産とかにこだわらなくてもおいしければいいんです

現に、イタリアはトスカーナ地方にある、牛肉の神様何て呼ばれていて連日満席のステーキ屋さんも、キャニーナというトスカーナ産の素晴らしい牛肉があるのにもかかわらず、スペイン産の肉を使ってるわけですからね。

あそこはしっかり書いてますが...

というわけで、とても満足しました が、ネーミングは...

やっぱり紛らわしいです。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村










ラベル:駅弁 神戸
posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: