2017年05月13日

飛行機に乗ってコルシカ島へ


マルセイユの午前中観光を終えて、午後から飛行機に乗ってコルシカ島へ

icorse17 (14).jpg



マルセイユからは飛行機で、約 1 時間

コルス地方公共団体の首府である、コルシカ島最大の町アジャクシオに到着

icorse17 (15).jpg



いかにも南国っぽい空港ですね。

いやー、なつかしいぃぃ

ボーディングブリッジはなく、到着したら徒歩でターミナルビルへ向かいます ✈ 👟 👟 👟 🏢

この空港の名前は、ナポレオン・ボナパルト国際空港っていって、定期便は、エールフランス、エアーコルシカの便が、パリ、ニース、マルセイユ、リヨン、トゥールーズとフランスの都市を結んでいるにすぎない、ローカル空港なんです。

でも夏場のシーズンになると、スイスや北欧などといったヨーロッパ諸国からのチャーターフライトで賑わうところになります。

そんな空港から、アジャクシオの町と反対方向へ車で 15 分。

今回の宿泊も、前回と同じくポルティッシオという町にある、

SOFITEL GOLFE D'AJACCIO THALASSA SEA & SPA HOTEL

このホテルのことは前回書いたので省略ね。

というわけで、部屋に入ってちょっと休憩した後はお待ちかね、ディナーターイム 🍴

ホテルのメインダイニングでいただいたのは、
前菜・メイン・デザートのプリフィックスメニュー

テーブルについて、オーダーをとって飲み物を注文したら、アミューズ到着

corse17 (32).jpg



この日のアミューズは、トマトとヤギのクリームチーズ

一口でいただくような形でさわやかな味でした

ちなみに注文したワインはこんなの

icorse17 (16).jpg



ORENGA de GAFFORY PATRIMONIO

もちろん、地元コルシカ島産の赤ワインで、NIELLUCCIO 種 100%

このニエルキオ種は以前も書きましたが、トスカーナで有名なサンジョベーゼの亜種で、主にコルシカ島沿岸部で栽培されているものです。

コルシカ島の品種の中で、最もタンニンが豊かでトスカーナの物よりもしっかりとした味わいになってますよ。

長期熟成にも向いていますが、こちらは 2013 年もの。

ま、そろそろ飲み頃になりかけかな...ってところでしょうか。


では前菜へ。

僕のチョイスは、

Tartare de Saumon aux agrumes et baies roses

サーモンのタルタル シトラスフルーツとローズ胡椒を添えて

corse17 (33).jpg



おっしゃれー

にきましたね。

味はいたって普通でしたが。

でメインは、

Piece de Boeuf au Cap Corse
et ses pommes de terre grenailles sautees au romarin


ビーフのピース 「 コルシカ岬風 」
ポテトのソテーとローズマリーを添えて


corse17 (34).jpg



「 コルシカ岬風 」 ってのがよくわかんなかったけど、僕好みのレアで注文して、
とっても肉感が感じられるおいしいステーキでした

先ほどのワインにもよく合いましたからね。

そしてデザート

Tiramisu corse

コルシカ風ティラミス

corse17 (35).jpg



これがコルシカ風なのかな?

んんん、よくわかんないけどとりあえずおいしかったですよ。

そんなわけで、とってもゆったりとしたお食事で、コルシカ島一日目の日が終わりました。

この後、このホテルに 5 連泊していろいろと巡りますよ。


ちなみに前回このホテルで食べた時の記事はこちらね。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランスの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック