2017年06月11日

高級な正統派ボローニャ料理


ボローニャの旧市街ど真ん中、マッジョーレ広場から徒歩数分。

サン・ピエトロって名前は立派だけど建物は割とジミーな大聖堂のほぼ真向かいにある高級ホテル、


Grand Hotel Majestic “ Già Baglioni ”


Italy17 (221).jpg



ここはメインストリートに面しているので、このホテルも の割にはジミーな入り口です。

でも中は豪華ですよ

んで、宿泊は今回は違いましたが、夕食はここのメインダイニング

I Carracci restaurant

ホテルのロビー奥のちょっと段差を降りたところにあるレストランは、
中に入ったら天井一面にフレスコ画🎨

i-itaria17 (160).jpg



このレストランのウリの一つでもあるこの天井画は、店名の由来にもなっている、15 世紀に活躍したカラッチ兄弟が描いたものなんだそうな。

そして店内も高級感が漂っていますよ

Italy17 (193).jpg


正統派ボローニャ料理として、ミシュランでも高評価を得ています

Italy17 (195).jpg



そんなわけで、19:30 のオープンと同時にお店に入り、テーブルについて...

Italy17 (222).jpg



メニューはめちゃ気になったのが、

シェフのお任せ 6 皿コースメニュー + デザート € 100

ってのがあったけど、ちょっと予算が...

なんでも、事前に予約したときに、嫌いなもの、苦手なもの、アレルギーの有無を伝えておくと、それを除いた正統派ボローニャ料理を提供してくれるという、
完全におまかせコース です。

何が出てくるのかドキドキ感も楽しめそうですね

でもこの日は通常のアラカルトメニューから

ワインはグラスの赤でその中でも、お店の人のおすすめがこちら。

i-itaria17 (157).jpg


Umberto Cesari Sangiovese DOC Riserva

エミリア = ロマーニャ州のサンジョヴェーゼを使ったワインで、非常に飲みやすく、バランスの取れたいいワインでした。

なんかガンガンいけそうな... 💧

トスカーナのサンジョヴェーゼとはまたちょっと違った味わいでした。

サンジョヴェーゼ 100% 使用のキャンティより僕はこっちの方が好きかな?

そんなこんなで、まずはアミューズから。

Italy17 (224).jpg



パルマ地方のミルクで作ったサワークリームとパルミジャーノ・レッジャーノチーズのムース

地元の食材を生かしていますね

そしてアンティパストは飛ばして、プリモ

Handmade tagliatelle with beef bolognese sauce

自家製タリアッテーレ 牛肉のボロネーゼソース

Italy17 (225).jpg



が食べたかったんですよ

そして本場のボロネーゼ

肉肉感ばっちりで、食べ応えありました。

これだけでも良かったんですが、やっぱりメインも...

ということでいただいたのが、

Veal cutlet Bolognese style with Parma ham,
creamy parmesan sauce, “ friggione ” and sauteed potatoes


子牛のカツレツ パルマハムとパルミジャーノ・レッジャーノをのせたボロネーゼ風
ポテトのソテー 「 フリッジオーネ 」 を添えて


Italy17 (228).jpg



子牛のカツってのはミラノ風の、表面積がでかくてとっても薄いのがイタリアでは有名ですが、ボローニャ風ってのは、割と厚みがあって、
見た目も日本のとんかつのような感じです。

それに、
パルミジャーノ・レッジャーノとプロシュート ディ パルマをのっけて熱を加えるのが、ボローニャ風なんだそうです。

子牛はチーズを作るための牛の雄バージョンで、生後 3 カ月ほどで去勢されて市場に出るもの。

パルミジャーノ・レッジャーノとプロシュート ディ パルマはもう説明しなくてもいいですね。

地元の食材を使ったこれも伝統的な料理なんだそうです。

そして、「 フリッジオーネ 」 ってのは
トマトと玉ねぎを煮込んだソースでこれも伝統的なものです。

今回はじゃがいのもソテーの上にかかっていました。

いやぁ、ボリューム満点のお料理でおなかがはちきれそうで...

そしてデザートは...

パス...

で、コーヒー頼んだらプチ・フルールが付いてきました。

Italy17 (229).jpg



これで十分デザートになりますやん

伝統的な料理でミシュランで高評価をとるのはなかなか難しい...なんて言われていますが、サービスもよく味も良くてとっても素晴らしいレストランでした。


お店
名前 : I Carracci
住所 : Grand Hotel Majestic “ Già Baglioni ”
     Via dell'Indipendenza, 8 - 40121 Bologna, Italia
TEL  : 051 225445
営業時間 : 12:30 〜 14:30 / 19:30 〜 22:30
URL  :
 http://grandhotelmajestic.duetorrihotels.com/en/luxury-hotel-italy-5-stars-bologna/i-carracci-restaurant


ボローニャ旧市街の中心地、マッジョーレ広場から数百メートルのところにある、五つ星L ホテルの中にあるメインダイニング。
ワンランク上のボローニャ伝統料理を提供してくれます。
内装も宮殿のような場所で、ちょっとおしゃれにお食事したい方は是非いらっしゃってください。
男性の方はジャケット着用した方が雰囲気にありますよ。





関連ランキング:イタリアン | ボローニャ





にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック