2018年02月27日

4度目のビステッカ聖地巡礼


はい、というわけで、1年間で4度目になりますか

このお店で肉を食べるのも...🍴

というわけで、今回もいってみましょう

Officina della Bistecca


今回のテーブルは、肉のグリル席ではなくて普通のテーブル席。

buono18 (160).jpg



席に着くや否や、
ワインと水をグラスに注いで野菜スティックをいただいて...

buono18 (159).jpg



もう、勝手知ったる常連のような振る舞いをしてしまって...

そしてこの店オリジナルハーブを配合した塩に店員さんがオリーブ油を入れてくれます

buono18 (161).jpg



この塩、めちゃおいしいんですよ。

肉屋コーナーで販売もしているんですが、
ダリオさんの機嫌がよかったらくれたりもしますよ。

これに野菜スティックをつけて食べると、めちゃイタリアン

メニューはおなじみ肉三昧

Chianti crudo

Carpaccio di culo

Costata alla Fiorentina

Bistecca Panzanese

Bistecca Fiorentina

Pinzimonio di verdure

Profumo del Chianti

Fagioli all’extravergine e.v.o.

Patate al cartoccio

Burro del Chianti

Pane toscano

Vino di Vittorio

(siete liberi di portare il vostro vino senza spesa)

Acqua liscia o con le bolle

Caffé alla moka e torta all’olio

Grappa Cecchini e Cordiale dell’Esercito Italiano


Il tutto per 50 €


牛肉のタルタル

骨付きリブアイステーキ

パンツァーノ風ステーキ

フィレンツェ風ステーキ

野菜スティック オリーブオイルでディップして

ファッジョーリ ( トスカーナ風白いんげんの煮物 )

ベイクドポテト

キャンティ風バター ( ハーブ入りラード )

トスカーナ風パン



コーヒーとオリーブオイルケーキ

グラッパとイタリア軍スピリッツ



そうこうしているうちに、お肉到着

出てくる順番はメニュー表とは若干違うけど、まずはタルタルから。

buono18 (162).jpg



そしてたたきというか、ローストビーフというか、カルパッチョです。

次いでコスタータ

buono18 (163).jpg



ファッジョーリ


buono18 (164).jpg



ファッジョーリのスープは味がほとんどついてないので、先ほどの野菜をディップした、ハーブ塩とオリーブ油をミックスしたものの中に入れると程よい味加減になります

これが今回は一番人気だったかな?

いったん無くなったあと別のテーブルからももらいましたから

そして次が、パンツァーノ風ステーキ

buono18 (165).jpg



そしてビステッカ・アラ・フィオレンティーナ

buono18 (166).jpg



ポテトも来て

buono18 (168).jpg

buono18 (169).jpg

buono18 (170).jpg


こちらが「 ポテトにつけるといいよ 」と言って持ってきてくれた、
キャンティ風バターなるもの

buono18 (167).jpg



いわゆるラードです。

ポテトと肉を一緒に

buono18 (171).jpg



ちなみにもっと食べたければ余ったものが回ってくるので、
ほんとおなか一杯お肉を堪能できます

そして最後にデザートコーヒー

buono18 (172).jpg



最後の最後に食後酒


今回は特別なスピリッツなるものを注いでくれました。

buono18 (152).jpg


食後酒と言ったら、グラッパが定番なんですが、これは珍しい。

アルコール度数はグラッパとほぼ同じ 40% 前後でグラッパほど強烈な味わいではなく、何となく薬草が入ったような味わい。

というわけで、またまた徹底的においしい肉をいただいて、フィレンツェに戻りました


あ、この店の詳しいことはまたまた過去の記事を見てね

超有名レストランで肉三昧

牛肉好きの聖地パンツァーノ

三たびビステッカの聖地巡礼







posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | イタリアの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: