2013年05月08日

房総豚骨ラーメンこてメン堂


家の近くを車で走ってるとどうしても目に付くこのド派手なお店

房総豚骨ラーメン こてメン堂

R1123073.jpg

R1123074.jpg



なかなか面白そうな看板にひかれて初めに入ったのが、3 年前。

その時はできたばっかりだったのと、こんな感じのお店がこのあたりにはなかったので、何回か行きましたが、結構はまってます。

で、今回も久々に行ってきました。

店内に入ると、いきなり大きな太鼓。

R1123065.jpg



これは、このお店の一番大盛りラーメン、極太爆盛麺(¥850)を注文するとたたいてくれるんですよ。

一度食べてみようと思っているんですが、いつも定番のラーメンにいってしまいます...

いずれ注文したら、また書いてみますね。

こちらはテーブルセット。

R1123062.jpg



ラーメンを注文するとトッピングを持ってきてくれます。

R1123068.jpg



このお店はカウンターが 10 席ちょっとと、ファミリー席が、6 か所ちょっとくらいかな?

場所柄、家族連れ、学生さんなんかもたくさん来ていました。

オープンキッチンで、広々とした印象です。

僕たちもいつも小さな子供がいるので、4 人掛け席や 6 人掛け席に案内してもらいます。

お店のスタッフは、みなさん若い方で元気がよくて、気持ちいいですね。

でも、たまに元気が良すぎてうるさいなと感じることはありますが、そんな時は端っこのほうのテーブルにしてみましょうわーい(嬉しい顔)

で、今回注文したのは、妻が定番の、
房総豚骨こてメン ¥650 味付け玉子 ¥100 をトッピング

R1123070.jpg



そして僕は、ランチメニューから、醤油ラーメン

R1123071.jpg



これに、餃子 4 つ付いて¥800

あと、唐揚げが付くのとか、ネギ丼が付いたり、明太子ご飯が付いたりと、7 種類の選択があります。

ラーメンも、醤油、塩、そして¥50 増しで味噌もできますよ。

麺は、細麺と太麺が選べるんですが、この前はこてメンの細麺にしたので、今回は太麺にしてみました。

R1123072.jpg



細麺には無い、もちもち感がなかなかいいですよ。

こちらは、脂よりも醤油の味がしっかり効いていて、ほんと、醤油ラーメンという感じですね。

でも、ちょっと塩っ辛かったのが気になりました。

僕はもともと塩っ辛いラーメンのほうが好きなんですが、それでもちょっとこちらは塩っ辛すぎたような感じでしたね。

替え玉は 1 回は無料なので、特にこてメンは若干少なめなので、一回目は細麺、二回目は太麺と食感の異なる味を試してみてもいいですね。

僕は細麺より太麺のほうが好みなんですが、でも、このお店の看板メニューである、房総豚骨こてメンは細麺のほうが合うような気がします。

トッピングもいろいろ入れて味の違いを楽しんでみてください。

このお店のコンセプトは、千葉の食材を活かした「千産千消」

「地産地消」をもじったこの言葉、千葉県では最近はやっていますよ。

で、「房総豚骨」というのは、九州の豚骨ラーメンを房総の食材を使って表現するというものだそうです。

マー油が最後に降りかかっているので、独特のコクがあったりしますね。

そしてもう一つの目玉と言われているお店一押しが、こてメンから揚げ

大きめのから揚げが 8 個入で¥300 なので、お得です。

さすがにラーメンと一緒に食べると、口の中があぶらあぶらしてしまいますが、ご飯には合いそうでした。

ビールにも合うと思いますよ。

最後に、レジの近くに駄菓子屋コーナーがあって、子供には無料で 2 個選んで持って帰れます。

R1123066.jpg



うちの子供もよく知っていて、食べ終わったらお会計の間に、いろいろと物色していますよわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


    



posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: