2013年06月30日

スペインの古都トレド旧市街


トレドはマドリッドから車で 1 時間ほど。

560 年に首都がおかれたところで、イスラム、キリスト、ユダヤ教の文化が交りあった、とてもユニークな街です。

トレドに着いたら、これまたお約束

旧市街に入る前に、旧市街全景を見渡せるところがあるので、まずそこへ。

どうです?

これが世界遺産トレドです。

R1125940.jpg



完璧な青空...とまでは行かなかったけど、きれいな景色が撮れましたわーい(嬉しい顔)

左の大きな建物が、スペインカトリックの総本山、トレドの大聖堂です。

で、右の四角い大きな建物は、昔の王宮、アルカサールです。

R1125941.jpg



絶景を見てから、旧市街の中へ。

旧市街はわざと迷路のような作りになっているんですよ。

で、こちらの教会、カトリックの教会なんですが、イスラムの文化がものすごく表れているんですよね。

R1125943.jpg



旧市街はこんな感じで。

R1125944.jpg



路地の奥に大聖堂の塔が見えてくる、こんな景色も素敵ですね。

R1125945.jpg



こちらは、大聖堂の前のちょっとした広場。

ものすごく大きな建物なので、全景を撮るのは結構難しいんですよ。

R1125946.jpg



トレドの大聖堂は、1226年、カスティージャ王フェルナンド 3 世の時代に建設が始まり、1493 年に完成しました。

全長 120m で幅が 59m。

やっぱでかいですね。

次回はこの中の写真をのっけてみますよ。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 20:00| Comment(1) | スペイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 投資の初心者 at 2014年05月05日 12:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: