2013年10月24日

シュノンソー城の隣でランチ


ロワール渓谷でもっとも有名なお城の一つに、シュノンソー城があります。

とっても優美で世界中から観光客が訪れています。

正面入り口はそんなでもないんですが、

R1126338.jpg



斜め横から見る風景が最高にきれいですよ。

R1126336.jpg



詳しい解説は以前書いたのでこちらを見てね目黒ハート

さて、今回はこのお城からちょっと離れたところ(といっても同じ敷地ですよ)にあるレストランでお食事。

このお城の見えるところに、夏場だけ営業しているカフェテリアがあるのですが、ま、軽食はそこでも十分なんだけど、僕たちはそのちょっと奥まったところにあるレストランでいただきました。



R1126335.jpg



ベルナール・パリッシーが設計した、美しい庭園の奥に建物があります。

オランジュリーというだけあって、昔のオレンジを栽培していた温室を改装したレストランですね。

ま、オレンジだけではなくて、いろいろな植物を栽培していたとは思いますが。

テラス席や室内などいろいろな趣のある大小の部屋があるのですが、僕たちがいただいたのはこんなお部屋。

R1126334.jpg



では、恒例のメニュー、行ってみましょうわーい(嬉しい顔)

前菜で
Melon frais
フレッシュメロン

R1126339.jpg



メインは、
Dos poisson a la créme d'orties
白身魚のいらくさクリームソース

R1126340.jpg



いらくさってのは、あんまり日本では食べませんが、フランスではわりと使ったりします。

この葉っぱ、とげとげがあって刺さるととっても痛くなるんですよ。

当然、調理中はこのとげが刺さらないように注意しなければならないのですが、もちろん食べる時にはとげはないのでご安心を。

ビタミンやミネラルなどがとっても豊富なので、昔っから滋養強壮のハーブとしてフランスでは親しまれていたそうな。

世界各地でも、サプリメントの原料やハーブティーとしても使われているみたいです。

そして
Assiette de fromages
チーズ盛り合わせ

R1126342.jpg



デザートは、
Omelette Glacee “Chenonceaux”
シュノンソー特製アイスオムレツ

R1126343.jpg



この巨大な塊に、シュノンソーと書いてあります。

これだけでかいと迫力ありますねぇ。

切り分けてくれたらこんな感じになりました。

R1126344.jpg



これ、表面はメレンゲで覆われていて、よくあるパターンはそこにラム酒をかけて火を燃やして持ってくる...というのですが、ここではそこまでの演出はしてませんでした。

ま、昼間ですからね。

個人的に、メレンゲは苦手なんですが、ここのはそんなにメレンゲ感が出てなく(なんやねん、メレンゲ感って...)わりと食べやすかったですよ。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 18:00| Comment(2) | フランスの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もここで食べた事があります。
まいどさんと同じレストランを利用できてたなんて、私も成長したものです(笑)
Posted by 添てん at 2013年10月25日 14:26
>添てん さん
そんなそんな...
決していいところばかりで食べてるわけではありませんので...(笑)
Posted by まいど! at 2013年10月27日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: