2013年10月30日

ここがシャトー・ペトリュス


ボルドーに到着して一泊した後、翌日目指したのは右岸のサンテミリオン地区

最初のアポイントは、Château Valandraud

でもその前に、通り道なので寄ってみることにしました。

Chateau Petrus

わずか 11.5ha のブドウ畑は、隣接している周辺の畑と少し土壌が違います。

ここは、周りのシャトーよりも砂利が少なくて黒粘土と呼ばれる「スメクタイト」を多く含む、膨潤性のある特殊な粘土が表土に出ています。

またそこを丹念に耕して、ふかふかの土壌にしています。

CIMG0441.jpg



ほんとここだけなんか違うんですよ。

現在、もっとも高価といわれているポムロールのワインがここで作られています。

建物は 2004 年に改装したばっかりでとてもきれいでしたよ。

CIMG0442.jpg



あんまり中に入っていくと怒られそうだったので、この辺で撮りましたわーい(嬉しい顔)


こちらの写真は、そこから車で 5 分ほど行ったところにある、Chateau Cheval Blanc

CIMG0443.jpg



畑の奥に見える建物は、有名なフランス人の建築家、クリスチャン・ド・ポルザンパルクの設計による、近代的というか現代的な貯蔵庫です。

2011 年に完成したそうですよ。

ここは、サンテミリオンとポムロールの境くらいにある畑で、砂利質になっています。

「サンテミリオン・プリミエ・グラン・クリュ・クラッセ “A”」という最高峰の格付けを始めっから持っている、超有名ワインです。

この二つは写真撮りに立ち寄っただけでした。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  




posted by まいど! at 18:00| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: