2013年11月18日

Ch. Pichon でテイスティング


さて、Chateau Pichon Longuevilie Baron でのテイスティングですが、場所は、一般の見学者の場所ではなく、プロのテイスティングの場所でもなく、シャトー内のサロンでのテイスティングでしたるんるんぴかぴか(新しい)

こんなところ、VIP でもなかなか入れてくれないところですよ手(チョキ)

シャトー内のサロンは、いくつかの部屋があり、

CIMG0634.jpg

CIMG0633.jpg

CIMG0632.jpg

CIMG0624.jpg



我々は一番奥の部屋に通されましたわーい(嬉しい顔)

CIMG0625.jpg


って、建物自体、我々の貸し切りだったんですが。

準備されていたのは、同じアクサ・ミレジム社が所有しているワイン、三種類。

CIMG0627.jpg



まずは、Château Pibran 2008

CIMG0630.jpg



カベルネソーヴィニヨン 51%
メルロー 49%


がっつりした飲みごたえと、コクがありましたね。

そして、Les Tourelles De Longville 2008

CIMG0629.jpg



カベルネソーヴィニヨン 20%
メルロー 65%
カベルネフラン 15%


メドックでこのブドウの組み合わせは非常に珍しく、サンテミリオンっぽい感じですね。

でも、カベルネソーヴィニヨンのどっしり感も感じられ、僕的には結構好きな味でした。

ここのシャトーのセカンドという位置づけですが、スーパーセカンドとも言われており、非常に品質のいいワインです。

そして最後は、真打ち、
CHÂTEAU PICHON-LONGUEVILLE BARON 2008

CIMG0628.jpg



やっぱりいいワインは、味..香り..というより、おいしさのバランスがとれてますね。

タンニン、舌触り、のど越し?、非常に飲みやすくていいワインでした。

こちらは、
カベルネソーヴィニヨン 71%
メルロー 29%


という割合でした。

同じ 2008 年のワインでも、かなり違ってくるんですね。

豪華なサロンで、ゆったりとテイスティングさせていただきました。

CIMG0631.jpg



やっぱりテイスティングさせていただく場所も、重要ですね。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村



  





posted by まいど! at 18:00| Comment(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: