2013年12月12日

屋根の装飾がとても見事です


続いては、
ヨーロッパでも最古、最大そしてもっとも美しいクリスマスマーケットの 1 つに数えられている、
シュトゥットガルトのクリスマスマーケット

そういえば、ベンツの本拠地でもあるこの町は、僕もクリスマスマーケット巡りの時しか来たことないですね...

このシーズンになると、やってくる...というか帰ってくるって気持ちになります。

ここのメイン会場は、マルクト広場を中心に、そこから歩行者天国で旧市街いろいろなところにマーケットがでいています。

そして、小屋の屋根の装飾がとても特徴的で、見事なんですね。

まずは、さわりの部分から。

CIMG1472.jpg



トナカイが顔を出している、グリューワイン屋さん。

CIMG1471.jpg



クリスマスピラミッドが装飾の屋台。

CIMG1468.jpg



いろいろな装飾を売っているお店です。

CIMG1465.jpg

CIMG1464.jpg

CIMG1453.jpg



屋台の屋根はどこも趣向を凝らしていて、見ていて飽きないですね。

CIMG1463.jpg

CIMG1461.jpg



定番のソーセージ屋さん

CIMG1455.jpg



お腹がすいたので、ソーセージを買ってみました。

最近流行ってるのかな?
ハーフメーターソーセージ

去年、ローテンブルクで食べた時は、その通り、50cm のソーセージをこれまた 50cm のパンにはさんで提供してくれたので、とても迫力ありましたが、こちらは半分に折ってパンにはさんでくれるので 25cm くらいになってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

ちょっと残念もうやだ〜(悲しい顔)

でも、食べやすいことは食べやすかったですよ。

CIMG1460.jpg



そして、定番のグリューワインわーい(嬉しい顔)るんるん

CIMG1458.jpg



二つで € 10

ソーセージを食べて、グリューワインを飲みながらマーケットを巡る...

ううん。

ドイツですなぁ...手(チョキ)

クリスマスですなぁ...クリスマス

そして、カップを返して、€ 2 返ってきました。

こちらがメイン会場の、マルクト広場。

CIMG1445.jpg



市庁舎の塔の装飾も見事ですが、窓がアドベンツ・カレンダーになっているんですよね。

そして、くるみ割り人形も。

CIMG1450.jpg



メイン会場の屋台街をうろうろしていたら、こんな屋台もありました。

CIMG1454.jpg



台所用品の実演販売をやっている屋台です。

ドイツ語なので何を言っているのか全然わからなかったけど、テンポのいい口調と、テンポのいい手さばき。

数年前まで、秋葉原の駅前にたくさんいた台所用品の実演販売のおっちゃんたちと同じように見えて、ちょっと懐かしく感じてしまいましたわーい(嬉しい顔)

実演販売のお店、結構たくさんありましたよ。

ま、12 月はヨーロッパでは一番お金を使う月。

いろいろなものを売るお店も多いですよね。

ここも、1/4 くらいはクリスマスとは関係のない、ベルトやカバン、財布、サングラス、鍋、などを売っているお店がありました。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 18:00| Comment(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: