2014年02月28日

宿泊したロッジはマジ最高!!


バンダルガウでの宿泊ロッジは、

Samode Safari Lodge

バンダルガウの集落からはかなりはなれたところにあり、
周りはジャングルと原住民の集落が少しあるだけ手(チョキ)

ロッジの構成は、レストランや事務所の機能がある本館と、12 の宿泊コテージに分かれています。

そうです。
全部で 12 室exclamation

最大 24 名が定員なんで、なかなか予約が取れないんですよ。

今までたくさんの国でサファリをするのに宿泊しましたが、ここのロッジは、その中でもトップクラスの設備とサービスですね。

オーナーさんは、マハラジャの末裔で、ケニヤのいろいろなロッジを研究してオープンさせたとか。

設備とホスピタリティーの両方に定評があるということで、ここに泊まるのをとても楽しみにしていましたわーい(嬉しい顔)るんるん

まずは、車でロッジに着いたら、早速係りの人に部屋まで案内され、説明をしてくれました。

こちらが、コテージ。

IMG_8563.jpg



ひとつの建物で、2 つの部屋があります。

門をくぐると入り口。

IMG_8564.jpg



中へ入ると、リビングルーム。

IMG_8565.jpg

IMG_8567.jpg



その奥がベッドルーム

IMG_8568.jpg



その先にベランダ

IMG_8573.jpg



これだけでもとても広いのがわかっていただけるかと思いますが、ベッドルームのお隣奥が、バスルーム。

これまたゆったりとしているんですよ。

IMG_8570.jpg



奥には中庭があって、露天風呂exclamation&question が。

IMG_8572.jpg



反対側からバスルームを撮ってみました。

部屋の真ん中にバスタブがどどーんexclamation と。

IMG_8571.jpg



シャワーブースは端っこにあって、こちらもとっても広いので洗いやすいんですよ。

その奥には、ウォーク イン クローゼット

IMG_8569.jpg



というわけで、なんともゆったりできそうなお部屋です。

ミネラルウォーターは完備されているし、停電のときのための懐中電灯もあるし、早朝のサファリではかなり寒くなるので、厚手の毛布地のポンチョまで置いてあり、自由に使うことができます。

そして、すごいのが宿泊プランは、オールインクルーシブぴかぴか(新しい)

つまり滞在中は、何やっても、売店での買い物以外はすべて宿泊料金に含まれるってもの。

当然、食事代、アルコールを含めた飲み物代、コーヒー/紅茶はもちろんのこと、クリーニング、ミニバー、ルームサービスにいたるまで、

何やっても料金はかかりません

コーヒー喫茶店 も、これですからね。

IMG_8754.jpg



ま、でも、宿泊料金には、一日二回のサファリと食事なんかも含まれているとはいえ、一泊 ¥80,000 位はするんです。

すごいですね。

こちらは母屋のバー&ま、ロビーってところかな。

IMG_8631.jpg

IMG_8674.jpg



プール

IMG_8672.jpg



ビリヤードルームまでありました。

IMG_4344.jpg



ちなみに、先ほども書きましたが、このロッジの周りにはほんと、何にも無いジャングルです。

携帯電話の電波すらなかなか届かないところですよ。

バンダウガルの町中は、全然普通に入るんですけどね。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  




posted by まいど! at 18:00| Comment(2) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凄いです!!!

流石のまいどさん添乗のツアーです。
Posted by 添てん at 2014年03月01日 23:13
>添てん さん
すごかったですよ。
その代りお値段もものすごかった...みたいです。
オペレーターの方も、ここはすごいんですって、絶賛していました。
Posted by まいど! at 2014年03月02日 02:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: