2014年03月25日

夜のアイスホテルと氷のバー


夕食の後は、ちょっと敷地内をお散歩してみました。

こういうところを歩くには、足にスパイクをつけた方が全然歩きやすいですね。

IMG_0639.jpg

IMG_0640.jpg



現地のスーパーにも売っていたんですが、日本で出発前に¥1,050 で購入してきました手(チョキ)

雪道、アイスバーン、ミックスといろいろな路面でもしっかりと食いこんで、普通に歩けますわーい(嬉しい顔)るんるん

雪の無いところだと、ジャッ、ジャッ...って、野球やサッカーのスパイクで歩くような大きな音がするんでちょっと恥ずかしいんですが、雪道は斜面であろうがどこであろうが、普通に歩けるんで重宝しましたわーい(嬉しい顔)

こちらが、夜の景色夜

IMG_0720.jpg



そして、そのまま氷のホテル方面に行ってみました。

IMG_0713.jpg

CIMG2529.jpg



ちなみに氷の部屋は、この時間帯は宿泊客が入っているので、一般客は見学禁止なんですが、日中、10:00〜18:00 までは自由に見学できます。

でも、この建物入ってすぐのところに氷でできたバーがあるので、そちらに行ってみました。

入り口すぐのところに受付っぽいのがありますが、夜の時間帯は誰もいません。

IMG_0714.jpg



そしてその奥が氷のバー

IMG_0716.jpg

IMG_0715.jpg

IMG_0718.jpg



壁・天井・オブジェ、そしてカウンターも、テーブルも、椅子まで全部氷雪

さすがに氷のいすそのまま座るのは、氷が溶けたりしてお尻がびしょびしょになるので、マットが敷いてありました。

IMG_0717.jpg



せっかくなので、カクテルを一杯。

CIMG2531.jpg



たくさんの種類のオリジナルカクテルがありましたが、比較的色のきれいな赤っぽいのを注文しました。

CIMG2535.jpg



四角い氷のグラスで、これも、氷の建物をイメージしているそうですよ。

でも、素手で持ってるとかなり冷たいのと、ぽたぽたと指の熱で氷が溶けてきて余計に冷たくなるので、やっぱりちょっとした防水の手袋は必需ですね。

それに素手だとちょっと滑って危ないし。

高アルコールのカクテルは、氷点下少しくらいじゃ凍らないので、ちょうどいい感じです。

味は、比較的マイルドでした。

グラスは分厚いので、ちょっと飲みにくかったですが、なかなか楽しかったですよ。

この氷のバーも、だいたい -5℃ なんですが、風は全くないので、ちゃんと厚着してたらそれほど寒いぃぃぃってことはないです。

フル装備とまではいかなくてもいいんですが、でもちゃんと着込まないとだめですよ。

確か氷のバーは東京にもあったと思いますので、気になる方は行ってみるのも面白いかもしれませんね。

あ、閉店したかもしれませんが...


この後、外に出て...

暖炉のあるベンチもあったんですが、こちらも氷。

IMG_0709.jpg



当然、暖かくもなんともなかったんですが、結構面白かったですわーい(嬉しい顔)


ロッジに向かう時にオーロラを探してみたんですが、やっぱり出てなかった...

というか、なんとなく空が赤っぽいところとかもあったんだけど、雲が邪魔で出てたとしても、見られなかったんですねもうやだ〜(悲しい顔)

残念...ふらふら

翌日のラストチャンスに期待です...


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 18:00| Comment(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: