2014年03月28日

もう一つのレストランで夕食


アイスホテルの敷地内には、レストランは一つなんですが、もう一つ、アイスホテルから 900m ほど離れたところに、カジュアルな雰囲気のいいレストランがありますわーい(嬉しい顔)

Restaurang Hembygdsgården

英語名だと、The Old Homestead Restaurant

ホテルのレセプションで予約がとれます。

このレストランは、300 年ほど前の学校として建てられたのを改装してレストランとしています。

こちらは入り口。

IMG_0775.jpg



店内は、ログハウスのような木材をふんだんに使った内装が、なかなかいい雰囲気で落ち着きますね。

IMG_0774.jpg

IMG_0761.jpg



そんなに広くはないのと、周りにレストランが少ないので、冬のアイスホテルのシーズンになると、なかなか予約がとり辛いんですが、カジュアルにワイワイと食べるにはいいですよ。

コースでも一品だけでも大丈夫です。

ここでのお食事、まずビールは地ビールが有名ということで注文してみました。

IMG_0766.jpg



Jämtlands India Pale Ale というビール。

インディアン・ペール・エール ( IPA ) って言うのは、もともとはイギリスでインドにビールを輸出する時、今ほど保存・運搬技術が発達してなかった時代、ビールが長時間の運送に耐えられるようにと、アルコール度数を高め、品質を保つためにホップを多めに入れて製造したのが始まりだとされています。

高アルコール、多めのホップで、バクテリアの繁殖を抑えるって働きもあったんですね。

こうして、のど越しよりも、どっしりとした飲みごたえのあるエールが誕生したわけです。

現在のこのスタイルのビールは、もうちょっとライトな口当たりになっていますが...

で、このスウェーデンのイェムトランド醸造所のは、イギリス産の大麦とアメリカ産のカスケードホップを使用して、アメリカで人気の味に仕上げてあります。

色の濃い目のこのビールは、しっかりとした苦み、コクが感じられ、食事と一緒に飲むのにちょうどいいかもしれませんね。


そしてお食事は、本日のスパゲティ―を注文。

IMG_0769.jpg



こちらが 175 クローナ ( 約¥3,500 )

ま、スウェーデンではこんなもんかな?

具だくさんで、丁寧に作ってあって、おいしくいただけましたるんるん

アイスホテルに連泊するときは、ぜひとも予約をとって訪れてみたいもんですね。


さて、食事の後、暗くなってきて、また快晴で星もきれいだったので、オーロラでも出るかなと、ずーっと待っていたんですが、結局、18:00 頃から、0:00 頃までちょこちょこ見ていたんですが、出現しなかった...

それだけが残念でした...ふらふら


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  




posted by まいど! at 18:00| Comment(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: