2014年05月25日

ポルトの町の川沿いをお散歩


午後は、ポルトの町を散策してみました。

こちらはお昼ご飯を食べた後の、川沿いから。

CIMG0117.jpg



この川沿いにはレストランやお土産屋さんが並んでいます。

対岸にはさっき行ったポートワインのセラー、サンデマンの会社も見えました。

CIMG0115.jpg


そして、川沿いちょっとあがったところにある、エンリケ航海王子の像

CIMG0125.jpg



本彼は 1394 年、アヴィス王朝を開いた、ジョアン 1 世王の三男で、ポルトで生まれました。
1415 年に父や兄弟たちと共に、ポルトガル最初の海外領土となる北アフリカ入り口のセウタを占領します。
ここがポルトガルのアフリカ探検の前線基地となったわけです。
やがて、かつてフランスのフィリップ 4 世端麗王の弾圧を免れて、ポルトガルに基地を置いていたテンプル騎士団の後継であるキリスト騎士団の総長になり、騎士団の掟通り生涯を独身ですごします。
このテンプル騎士団は、5 世紀に渡るイスラム教徒が支配していたイベリア半島の奪回運動(レコンキスタ)やポルトガルのカスティーリャ王国(現スペインの一部)からの独立戦争に戦力面でも大いに寄与しています。
こうして、キリスト騎士団からの資金援助を受け、エンリケ王子は、ポルトガルの黄金時代と言われる大航海時代を築くわけです。



こちらはもうちょっと先の、サンフランシスコ教会の下から出発している路面電車。

CIMG0127.jpg


昔の路面電車の復刻版とでもいいましょうか、なかなか味があっていい車両が走っています。

CIMG0128.jpg


これ乗って、あっち行ったりこっち行ったりするだけでも、なかなかいい感じになりますよ。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 18:00| Comment(0) | ポルトガル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: