2014年07月13日

Ch. Lagrange 一泊した後


Château Lagrange での朝食ですわーい(嬉しい顔)レストラン

CIMG3364.jpg

CIMG3365.jpg

CIMG3366.jpg



はい。

この後、ブティックに行ってワインを買いに行ったわけですが、

CIMG3337.jpg



通常というか、ほとんどのシャトーは、意外かもしれませんが、
自分ところでの販売ってのはほとんどしていないんです ( 今回訪れたところはいわゆる大手といわれているところなのでたいていのところで販売していましたが )

ボルドーの伝統というか、しきたりというか、通常はネゴシアンと呼ばれる人たちに販売して、販売店の人たちは、そのネゴシアンから仕入れるってのが一般的なんですね。

なので、直売となると一部のシャトーの売店で細々と売ってる、そんな感じになります。

こちらのシャトーも、日本人が伝統あるシャトーを購入したということで、いろいろな意味で注目が集まったのですが、完全にフランス社会、メドック社会に溶け込むように、

当分の間はブティックを作らず、ネゴシアン一本で販売していた
とか、
日本人は一人だけで後の従業員は全員フランス人にしている
とか、
会社のトップはフランス人で日本人は二番手にする
とか...

そんな努力の結果、ボルドーワインの樽熟成先行販売とも言われる一大お祭りのプリムールの会場にも選ばれたりもしました。

ちなみに、ワインはやっぱり現地で買うのが一番安心できるんですが、日本でもネット販売とかでわりと安価に購入できたりもしますよね。

でも、気をつけないといけないのは、そのワインがどういうルートで販売されているのかということ。

シャトーから直接持ってきてればいいんですが、下手したら、
フランスからアメリカに行って、またフランスに戻ってきて...と、大西洋を二往復くらいして日本に発送...ってのも実際あるみたいですよ。

我々、シロートにはわかるすべもないので、あまりにも安く売られてるのは疑ってかかったほうがいいかもしれませんね。

もしくは信用のおける酒屋さんで購入するのがいいのかもしれません。

って、別に酒屋さんのまわしものでも何でもありませんからね。

というわけで、この後ボルドー市内に向かう途中、特級畑でポツンと飛んでる場所があったので、そちらによってみました。


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック