2014年07月20日

イギリスのワイナリーでお昼


この日のお昼は、イギリスロンドンの南にあるワイナリーでランチ..

って、イギリスでワインなんて作ってんの?

よくドイツやフランスに行くと、

「 ここら辺がワインを作る北限です 」

とか、

「 ここより北ではブドウが育たないんですよ 」

とか言われたりしますが、イギリスはそこよりもずーっとずーっと北に位置しています。

でも...

ロンドンよりちょい南に位置するここケント州ではいくつかのワイナリーがありますぴかぴか(新しい)

それも、個人規模のちっこいものではなくって、しっかりした商業ベースのもの。

というわけで今回お邪魔したのは、CHAPEL DOWN って会社。

なかなかの大手ですよ。

ここでお昼を食べて、少し工場見学をして、少し試飲して...るんるんるんるんるんるん

というパターンでいったのですが、まずはこの中のレストランでランチわーい(嬉しい顔)

The Swan at Chapel Down

CIMG3443.jpg



ワイナリーのレストランってのは、おいしいので有名なんですが...

ってのも、アメリカ西海岸のナパバレーにある、とある歴史的ワイナリーに行った時のことでした。

ナパのワイナリーを視察していたフランス人が、ワインの素晴らしさには感動したそうなんですが、良いレスロランが無かったそうです。

そこで、「 ワインの産地にはおいしいレストランがあるのが当然 」

というフランス人の常識のもと、たくさんのいいレストランが増えていった...って話を聞いたことがありました。

確かにそうなんですよね。

フランスにしても、イタリアにしても、スペインにしても...

ということで、やっぱり期待できますねわーい(嬉しい顔)るんるん

店内は、

CIMG3439.jpg



はい、期待できますねわーい(嬉しい顔)

この日いただいたのは、日替わりランチメニュー。

まずは、
Pea & Mint Soup
豆とミントのスープ

CIMG3440.jpg



個人的に、ミントはあんまり好きではないのですが、豆とミント...
恐る恐る口に入れてみると...

ミントの刺激的な香りは味はほとんど感じられず、どちらかというと、いいアクセント的になっていました。

ってか、ミント嫌いの僕...( あ、言っちゃったあせあせ(飛び散る汗) もさわやかなこの味は好きになりましたね。

それよりも、豆のスープってよくありがちな、口に入れた時のざらざら感...

イギリスではいやというほど味わってきたのですが、このスープ、とっても滑らかで、ものすごく手間暇かかってるのがよくわかりました。

おいしくいただけましたよ。

続いてのメインは、
Roast corn fed chickn leg, carrot, baby gem, fennel & tarragon salad
鶏のもも肉ロースト、ベイビーゲムとういきょう、タラゴンのサラダを添えて

CIMG3442.jpg



お洒落でしょ?

味もいいし、盛り付けも素晴らしいし、とてもおしゃれな感じで優雅にランチをとりましたるんるん

さて、この後はワイナリーの見学ですバーるんるん


お店
名前 : The Swan at Chapel Down
住所 : The Chapel Down Winery
     Tenterden Vineyard
     Small Hythe Tenterden Kent TN30 7NG
TEL  : 01580 761616
営業時間 : 10:00〜17:00【月〜水・日】
       10:00〜23:00【木〜土】
URL  : 
http://www.chapeldown.com/default.aspx


にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリスの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック