2014年08月03日

聖ヴァーツラフ大聖堂の見学


オモロウツの大聖堂、聖ヴァーツラフ大聖堂は中心地からちょっと離れたところに、ポツン...
いや、ドカンッexclamation×2 って建っていますわーい(嬉しい顔)

DSC01495.jpg



12 世紀の初めに建てられたこの教会は、バチカンから 「 ヨハネ = パウロ二世 」 も訪れたことがある由緒ある聖堂ですぴかぴか(新しい)

13 世紀の火災の後、ゴシック様式に建て替えられたのですが、19 世紀の改築で、ネオゴシック様式に変更された、モラヴィア地方では最も大きな聖堂です。

尖塔の高さは、102m。

これはチェコで二番目に高いそうで、モラヴィアでは一番高いそうですよ。

DSC01493.jpg



こちらは正面。

DSC01490.jpg



中にも入ってみました。

DSC01488.jpg

DSC01489.jpg



静まり返った大聖堂の中は、とても厳かな雰囲気でした。

賑わっている町の中心地ではなくて、かなり離れた丘の上に佇む大聖堂。

特別なお祈りの人以外は、そんなにやって来ないらしく、そこがまたいいですね。


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック