2014年08月06日

カレル橋を渡って旧市街へ


プラハ城から坂を下りてきたら、ヴルタヴァ ( モルダウ ) のほとりへ。

そこから有名なカレル橋を渡ります手(チョキ)

DSC01551.jpg



橋の上では、画を売ってる人がいたり、ちょっとしたパフォーマンスをしてる人がいたり...

そして渡りきった旧市街側から、昨夜撮ったのと同じようなアングルで、プラハ城をぱちりと。

DSC01552.jpg



うん。

昼間の景色もいいですねぇわーい(嬉しい顔)

そしてそのまま旧市街の中心地の広場、その名も旧市街広場 ←そのままやんけ... へ。

DSC01555.jpg



時間は 12:00 ちょっと前。

ちょうど仕掛け時計が動くということで、それを見るすごい人の集団。

この旧市街広場のチェコ語読みは、Staroměstské náměstí  読めん...たらーっ(汗)

みんなは左側の旧市庁舎にくっついてる仕掛け時計に夢中ですが、その奥の方の立派なツインタワーは、
ティーン教会って言う旧市街のシンボル的な建物です。

この二つのとがった鐘楼は、高さ80m
百塔の街といわれているこのプラハにとっても、とても目立つ存在ですね。

これ、1270 年に建設が始まったけど、当時、カレル橋の建設も手掛けていた、パルレーシュにより、1380 年にゴシック様式に変更されました。

屋根が完成したのは、1457 年で、塔と塔の間の三角屋根のところには、純金の聖母マリア像があります。

そんなこんなで旧市街もぶらぶらした後お昼ごはんへわーい(嬉しい顔)レストラン


にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック