2014年08月08日

新幹線の歴史を追って〜後半


はい、前回は入り口からシートのところまでいったので、イベントの後半、いってみましょうわーい(嬉しい顔)

シートのお隣には、鉄道模型、N ゲージが置いてあって、新幹線が走っていたんですが...新幹線

IMG_6342.jpg



この 3 ショットいいでしょ?

N700 100 300 と。

でも、びっくりしたのが、ちゃんと 16 編成で走ってるやん

それも高速走行ぴかぴか(新しい)

僕の友人が、N ゲージの新幹線購入して、16 編成にしたらモーターの出力が弱く、走らなかった...って言ってたけど、これはすごいですね。

モーター車、4 っつくらいつけてたのかな?

そしたら電流がたんなくなるかも。

と、余計なことを考えながらも、次へわーい(嬉しい顔)

こちらは初代 0 系の運転台

IMG_6343.jpg



さすがに今の運転台に比べると古さを隠せませんが、50 年前のものだということを考えると、かなり画期的だったんでしょうね。

ちょっとアップで。

IMG_6344.jpg



マスコンがカリカリと回すスタイルではなくって、前後に動かすってのも当時としては珍しいものですね。

後は、新幹線のパーツのクイズとかあったけど、ちょっとうちの子供たちには難しかったかな?

IMG_6345.jpg



そしてこちらは、700 系の運転台を再現したもので、前方のスクリーンを見ながら、時速 300 km/h 走行が味わえるというもの。

IMG_6354.jpg



子供たちも、運転帽をかぶってご機嫌でした手(チョキ)

運転台も、かなりシンプルになってきましたねるんるん

でも、マスコンやブレーキは固定されていて動かせなかったのと、シミュレーターのように前方のスクリーンと操作が連動してなかったのが、残念でしたね。

ただ座ってスクリーンを見るだけ...になっていました。

その後もいろいろな新幹線グッズを見て、

IMG_6357.jpg



出口のお土産物屋さんなんかも見て、

IMG_6358.jpg

IMG_6359.jpg



帰ってきました。

お土産屋さんのコーナーでは、さすがに新幹線関係の本やグッズは充実していましたよ。

このイベントは、東京では 8/4 まで開催していて、その後は、名古屋 → 大阪と移動するそうです。


新幹線と言えば、高速走行に注目が行きますが、
実際スピードだけならフランスの TGV やドイツの ICE なんかは、320 km/h 走行をしていたり、ゆくゆくは 350 km/h 走行を目指していたりと、もっともっとスピードを出している列車はたくさんありますね。

でも、
時速 300 km/h で走ってるものがラッシュ時には数分おきにびゅんびゅん走ってる...

こんな国は日本以外あり得ないんですよぴかぴか(新しい)

他の国ではまず実現不可能でしょうね。

スピードと合わせて走行システムそのものが恐らく日本にしかできないものだと、海外の高速鉄道に乗るとよく思います。

それと絶対に譲れないものが安全性

今まで人身事故 0 ってのも、諸外国ではあり得ないことなんですね。

もちろん、全世界で事故 0 を目標にいろいろな手を尽くしているんですが、これだけ長い歴史の中でそれを実現しているのは日本だけですね。

改めて日本の新幹線のすごさとを実感したのと、これからも安全運転でがんばってほしいなと思いましたぴかぴか(新しい)


さて、子供たちに一番気に入ったのは何かと言ったら、なんと、

高島屋さんのエレベーター

だそうです。

というのも、いつも近所のスーパーのエレベーターには普通に乗っているんですが、デパートのエレベーターにはエレベーターガールが乗っていていろいろと操作してくれる、それが初体験で画期的だったんですね。

エレベーターガールが独特の口調で売り場を案内したり、エレベーターを操作したり。

かなり盛り上がっていましたわーい(嬉しい顔)

それと、旧式のエレベーターを再現しているので、内側のドアが格子戸になっていたってのもあったけど。

またお出かけしていろいろと連れて行ってあげようわーい(嬉しい顔)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


  





posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック