2014年08月15日

ヨセミテ渓谷は南の入口から


サンフランシスコで 1 泊した後、早朝よりヨセミテ国立公園へ出発るんるん

ヨセミテ国立公園は、交通の便が悪いというか、アメリカらしいというか、自家用車でのアクセスはいいんだけど、公共交通機関で行くとなると、ほんと、めんどくさいんですよね。

なので、オプショナルツアーってのがよく売れるらしいんですが、これも日帰りが一番多いらしい。

サンフランシスコからヨセミテまで、約 200 マイル ( 320km )、で約 4 時間ちょっと車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

往復で、9 時間近く費やして、ヨセミテで観光できる時間は、3 時間くらい...もうやだ〜(悲しい顔)

というわけで、ほとんど見る時間が無いんですが、我々はヨセミテ 2 泊 3 日かけてゆっくり見ます手(チョキ)

それに、宿泊ホテルがヨセミテで一番有名で、
アメリカ人が最も宿泊したいホテル No1 という、The Ahwahnee ということで、楽しみですねるんるんるんるんるんるん


そんなわけで、サンフランシスコを 7:00 に出発して、1 時間ちょっと走ったら、だんだんと気温が上がってきました。

ヨセミテ渓谷は、標高 2000m 前後の高地。

日本だとかなり涼しくなるのですが、この時季のヨセミテ...

暑い...たらーっ(汗)

それもむちゃくちゃ...どんっ(衝撃)

ま、覚悟はしてたけどね。

見学は、まずは南のマリポサ・グローブにやってきて、有名な大木、ジャイアントセコイヤを見に行ったのですが、車を降りたらすでに午前中で 30℃超えあせあせ(飛び散る汗)

DSC01605.jpg



そんな中、トレイルをお散歩していくと、

DSC01608.jpg



巨大な木が横たわっていたり...

DSC01607.jpg

DSC01615.jpg



セコイアの木は、タンニン成分がとってもたくさん含まれているそうで、病害虫にも強く、防腐効果もとてもあるらしいんですね。
なので、枯れてからもなかなか腐らず、原型をとどめています。


で、数十分お散歩すると、根元に穴が開いたひときわ巨大な木が。

DSC01611.jpg



グリズリー・ジャイアント・ツリーと言って、マリポサ・グローブ最大のジャイアントセコイア木だそうですぴかぴか(新しい)
根元の直径 11m ・ 周囲の長さ 29.4m ・ 高さ 64m

これで推定、2700 年だそうですよがく〜(落胆した顔)

そしてこちらがテレビやポスターの宣伝にもなった、カリフォルニア・トンネルツリー

DSC01612.jpg



根元が四角く切り取られていて、その中を馬車が走ったり、車が走ったり。

初代のトンネルツリーは、1968 年に倒れてしまったそうで、こちらは 2 代目です。

このトンネル部分も、始めはきれいな四角でもっと大きかったそうなんですが、木自身の修復作用でだんだんと穴ぼこも小さくなりつつあります。

これでも、だいたい 2000 年超だって言ってましたね。

ところで、自分の車で見て回ってる分には道もとっても整備されていて動きやすいんですが、それ以外の方は、ヨセミテ公園内の見どころを巡回している無料のシャトルバスがあります。

DSC01616.jpg



結構頻繁に走っているので、個人で見学するには便利ですよ。

我々はとある理由もあって、このサイズの車でずーっと見学してます。

DSC01617.jpg



さて、マリポサグローブの見学を終えて、ちょっと場所を移動してお昼ご飯と。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック