2014年08月20日

坂道とケーブルカーのある町


サンフランシスコに戻って...

やっぱりヨセミテに比べると気温が全然違いますね。

向こうの最低気温よりサンフランシスコの最高気温の方が低いとは...

数百キロしか離れてなくて、標高はむしろ向こうの方が高いのにね。


というわけで、サンフランシスコ名物と行ったら、坂道とケーブルカーなんですよね。

ちょうど宿泊していたホテルがユニオンスクエアのすぐ近くということで、ケーブルカーを見に、
始発駅の Powell Street 駅まで行ってみましたわーい(嬉しい顔)るんるん

こちらは待機しているケーブルカー

DSC01768.jpg



この駅では、やってきたケーブルカーが転換台に乗って、人力で方向転換させるってのをやっています。

こんな感じでね。

DSC01763.jpg

DSC01764.jpg

DSC01765.jpg



そしてお客さんを乗せます。

DSC01766.jpg



ケーブルカーの乗車料金は、一回券で $6 とかなりお高いですね。

同じ区間を走るバスやトラム、地下鉄なんかは $2 ですからね。

何回か乗ったり下りたりするのであれば、ケーブルカーやバスなんか乗り放題になる
一日乗車券 $15 を買った方が便利ですよ。

ま、ケーブルカーに乗るのは、地元の人ってより、観光客用ですね。

それに夏のシーズンになると始発駅ではかなり並びます。

この日で、だいたい 10:00 過ぎくらいだったのですが、1 時間ちょっと待ちだったそうですよ。

ほったら途中駅から乗ったらええやんとお思いの方...

だいたい乗ってる人は始発から終点まで乗る観光客がほとんどなので、途中駅で誰か降りない限り、乗車拒否ということになります。

ま、一人くらいは乗れるかもしれませんが...

この前、僕が乗った時は、料金 $1 で全然待たなかったのになぁ...

っていつの時代やねんexclamation×2

そんなわけで、待つのもなんだし、ケーブルカーの線路に沿って写真を撮りながら、お散歩がてら歩いてみることにしました。

ここから出発する路線は、

Powell & Hyde Cable 線

Powell & Mason Cable 線

の 2 路線。

どちらも、山を越えてフィッシャーマンズワーフの近くまで連れて行ってくれます。

でも、見所は、山を 3 回越える Powell & Hyde Cable 線 ということなので、その線に沿って歩いてみました。

と、向こうから満載のケーブルカーがやってきましたよ。

DSC01769.jpg



こんな坂を登っていきます。

DSC01772.jpg



ケーブルカーは、動力装置は一切付いていないので、レールとレールの間に隙間があってその下にケーブルが動いており、車両はそれをつかんで動いているんですよ。

それにしてもこの坂、すごいですね。

DSC01773.jpg



歩いているうちに暑くなってきて、上着を脱ぎましたあせあせ(飛び散る汗)

風もさわやかで、気持ちいいでするんるんるんるんるんるん

DSC01789.jpg



坂を二つ越え、最後の坂のてっぺんに来ると有名なロンバートストリートの上に出ます。

DSC01792.jpg



この道は、アメリカで最も有名なくねくね道って言われており、1 ブロックの間に 8 か所のヘアピンカーブがあります。

道路幅は 車(セダン) が一台やっと通れるくらいの下り一方通行なので、観光客が車でそろりそろりと降りていきますよ。

なので、この道路の入り口はいつも車が並んでいますわーい(嬉しい顔)

さて、このあたり、最後の山のてっぺんということで、海側を見ると、こちらも素晴らしい景色です。

DSC01796.jpg



やっぱりサンフランシスコの景色には、坂とケーブルカーと海がお似合いですね。

この坂をどんどん下りて行って、下から振り返って見たら、

DSC01799.jpg



下からもいいでするんるんるんるんるんるん

で、とうとう最後まで来ました。

DSC01801.jpg



3 つの山越え、さすがに疲れましたよわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

この後、もうちょっと先のフィッシャーマンズワーフに行ってぶらぶらしてみました。

ところで、ここに来る前に気になるところがあったので、ふらっと立ち寄ってみましたよ。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック