2014年08月23日

ドイツビールで乾杯@日本橋


日本橋ネタ...続いていきますよわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

高島屋さんのちょうど裏手辺り...でドイツビールのこじんまりとしたビアホールというか、ビア・バーを発見目

Franziskaner Bar&Grill NIHONBASHI

IMG_6604.jpg



って言うか、この前行ったスペインバールのちょっと先です。


Franziskaner ( フランツィスカーナー ) ってビールは、ドイツはバイエルン、ミュンヘンのビール会社で、ここのお店は、直接樽で仕入れているとか。

なので、本場とほぼ同じクオリティーのビールが飲めるということだそうですぴかぴか(新しい)

店内は、地下なんですが、ドイツのビアホールなんかよりずーっとずーっときれいで快適ですね。

IMG_6593.JPG

IMG_6592.jpg



いつも思うんですが、日本のレストランなんかは断然きれいにしてますね。

とても気持ちよくお食事が楽しめます。

月曜日ということもあって、わりとすいていたので、すんなりと入れました。

テーブルに付いて、まずは 「 ぐるなび 」 のクーポンで、オリジナルのビール ( 小グラス ) がサービスビールわーい(嬉しい顔)

店員さんに、
「 まずは一口飲んでください 」 と言われ、ごくりと...

めちゃめちゃ冷やしてないので、モルトの香りが口の中に広がりまするんるんるんるんるんるん

甘いとかそういうんじゃなくって、ほんとモルトの独特な香り...これはほとんどのドイツのビールに共通していえることですね。

これが、日本人にとっては、ちょっと重いとか、のどに引っ掛かる...とかで好き嫌いが出てくるらしいのですが、僕は結構好きですよ。

飲んだ瞬間に、ドイツ〜 にタイムスリップしそうになりますわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

このビール。
Spaten Munchner Hell Alc.5.2%

IMG_6597.jpg



まずは飲んでから、写真撮ったので、ちょっと減ってますけどねあせあせ(飛び散る汗)

Hell なので、ミュンヘンの人たちが普通に飲む、一般的なビールですよ。


おつまみ系は、メニューに書いてあったおすすめということで、

熱々!ドイツソーセージ盛合わせ ¥3,580

CIMG3609.jpg



3 種類のドイツから直輸入したソーセージと、薄っぺらいのはベーコンかな?
それと、ポテト、ザワークラフトの盛り合わせです。

メニューには、白のソーセージ...なんて書いてあったので、珍しい 「 Weißwurst 」 も付いてるのかな?
( 単品のメニューにはあったからね ) と思ったのですが、残念ながらそれではない白いソーセージが付いてきました。

ちょっと残念...

お味は...ま、普通でしたね。

あとは、羊飼いのシーザーサラダM ¥880

CIMG3607.jpg



シーザーサラダは、パルメザンチーズってのが定番なんですが、こちらは羊のチーズを使用。

それをテーブルでがりがりと削ってくれますわーい(嬉しい顔)

ちょっと癖があるんですが、羊のチーズが好きな方にはお薦めですね。
僕も大好きでしたわーい(嬉しい顔)

それと、もう一つ気になったのが、

ムール貝のドイツビール蒸し ¥1,580

CIMG3612.jpg



ワイン蒸しは良く食べますが、ビール蒸しは初めてですね。

どんなもんかなと。

出汁は、言われてみればホップの苦みが少しきいている...位で、普通においしかったのですが、
ビールの特徴ってのはあまり感じませんでしたね。

それよりも、ムール貝のいつものつるつる感が無く、ざらざら感が目立ちました。

それと、せっかくの蒸しムール貝..なのにパサパサしていていたのも気になりましたね。

こちらはちょっと残念でした...

でも、出汁がまたおいしかったので、思わずパンも注文しましたよ。

CIMG3614.jpg



あ、食べ物はこれくらいで、後はビール...ビールビールビール

次に頼んだのは、
Franziskaner Hefe Weissbier Hell Alc.5.0%

500ml¥1,500

あれ?
画像が無い...

撮り忘れたのかな?

ここの生ビールは、250ml/300ml、400ml、500ml、1ℓ、2ℓ、5ℓ と各種取り揃えています。

ヴァイツェンビール ( 小麦を使ったビール ) はミュンヘンでも伝統的に、500ml グラスなので、それに合わせて 500ml で注文しました。

Franziskaner は特にこのヘッフェ・ヴァイツェンが有名らしいですよ。

さて次は、
Spaten Premium Bock Alc.7.5% ¥1,480/500ml

CIMG3611.jpg



陶器の入れ物に入ってきたので、色はわかり辛いですが、モルトが多めに入っているので、色もちょっと濃いめのゴールドです。

モルトも、甘みも全面的に出てきてますね。
ホップの苦みとのバランスもいい感じです。

アルコール度数を 7.5% まで上げていますので、ごくごく飲むって感じではなく、ちょっとずつ食事と一緒に楽しめるビールですね。

そして、樽直輸入のビール、最後は、
Spaten Optimator Alc.7.2% ¥1,480/500ml

CIMG3616.jpg



これは、修道士が断食のときにパンがわりに飲んだといわれている、モルトがたっぷりで、ホップの苦みを抑えた、ワインのような感じで飲めるビールです。

ちょっと甘みも出てくるので、好みが分かれそうですが。

というわけで、がっつりビールも飲んで、最近あまり行ってないドイツの雰囲気も堪能してきました。

ちょっとお値段が高めなのが辛いところでしたが。




関連ランキング:ドイツ料理 | 日本橋駅京橋駅東京駅




にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック