2014年08月25日

いよいよガラパゴスに上陸


ガラパゴスの記事は今回が 2 回目ということもあって、簡単に書いていきますよ。

前のときに詳しく書きましたので、詳細はこちらから

ま、前回と違うところは、

訪れる島が違うということなので若干見られる動物が違うということと、

船がチャーターではないので他の外国人の方々も一緒

ということですね。

なので、前回と違う部分を特に書いていきたいと思いますわーい(嬉しい顔)

そんなわけで、ガラパゴスへの飛行機は、キトからはほとんど全部って言っていいくらい、途中のグアヤキルって言う、エクアドル最大の海岸都市を経由します。

それも、午前中に 10 本くらいあるんですね。

すごい人気です手(チョキ)

なので、空港内のガラパゴス行きのチェックインブースは大賑わい。

ここで、クルーズの担当者とお会いして必要書類をいただき、航空機のチェックインも代行してくれます。

ここから、クルーズのシステムにのっかっていくってことになるんですね。

ガラパゴスの入島カードや検疫申告書、クルーズの書類もいただきました。

そして、手荷物検査を通過して...

あ、エクアドルの国内線は、日本と同じく液体ものを持って行ってもいいんですよ。

嬉しいですねわーい(嬉しい顔)

で、今回は、AVIANCA 航空で。

IMG_3960.jpg



って、機体は昨年も乗ったエアロガルですね。

何でも、AVIANCA 航空と合併したとか...

グンカンドリやイグアナのペイントも懐かしいです。

この飛行機で、グアヤキルまで 45 分。

そこで燃料補給と人の入れ替えなんかがあって、ガラパゴス諸島バルトラ島にあるセイモア空港まで約 2 時間。

ちゃんと機内食も出ましたよわーい(嬉しい顔)

そして無事到着。

IMG_3963.jpg



空港の建物も立派ですぴかぴか(新しい)

IMG_3962.jpg



建物内で、入島審査 国際線の入国審査みたいなもの ) を通過し、入島料 $100 を払い、預けたスーツケースを受け取って、税関というか検疫を出たら、船のスタッフとお世話になるネイチャーガイドさんが待っていてくれました。

ここで、クルーズに乗る全員と合流して、シャトルバスで港へ。

沖合には...

IMG_3964.jpg



懐かしいわーい(嬉しい顔) 一年ぶりの再会船ぴかぴか(新しい)

Ocean Spray 号が停泊していました。

そこまでまたまたタグボートで移動なんですが、港にはいきなりガラパゴスの看板鳥になっている、
アオアシカツオドリがいました。

IMG_3968.jpg


後は、アシカウミイグアナベニイワガニも...

そして、いよいよ船へ。


今回は日本人通訳の方はいなくて、僕が全通訳を任されているわけですが、その分これから先写真が少なくなっていると思いますので、悪しからず...

でも頑張って撮りましたよわーい(嬉しい顔)


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エクアドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック