2014年08月27日

ヘノベサ島に上陸 〜1〜


船にめちゃめちゃ揺られて夜をすごし、がく〜(落胆した顔) な状態になっていましたが、翌日は何とか復活。

朝ごはんのあとは、ヘノベサ島に上陸しました。

ヘノベサ島は、北半球にある上陸可能な数少ない島です。

他の島に比べると気候が暖かいこともあり、は虫類よりも鳥がたくさん住んでいて、
鳥の楽園なんていわれたりもしています手(チョキ)

上陸可能地点は二箇所。

そのうちのひとつ、ダーウィン・ベイ・ビーチの沖合いに船を止めてタグボートでビーチに近づき、Wet Landingリゾート

IMG_4040.jpg



ビーチには、アシカがたくさん寝ていました。

IMG_4042.jpg



マングローブの木が生え茂っているところには、他の島ではなかなか見られない、アカアシカツオドリやナスカカツオドリのコロニーがあります。

IMG_4053.jpg



こちらはナスカカツオドリ

IMG_4048.jpg



カツオドリの中で一番大きな種類です。

こちらはガラパゴス諸島の中でも珍しい、アカアシカツオドリ

IMG_4054.jpg



鮮やかな赤色をしてますね。

この鮮やかな赤色の足、実は天然の色ではなくて、光の屈折で赤く見えるんだそうです。

アオアシカツオドリも一緒なんですね。

そしてこのアカアシカツオドリのもうひとつの特徴は、なんと水かきを持った足ですが、
木にとまることができるんです手(チョキ)

非常に珍しいです。


ちょうど今は鳥たちの繁殖期。

親子でこっち見てました目

IMG_4056.jpg



雛の寝顔

IMG_4060.jpg



隣にいた母ちゃんの寝顔

IMG_4059.jpg



こちらはほぼ全土に生育している、アカメカモメの親子

IMG_4052.jpg



の雛

IMG_4049.jpg



かわいいですねハートたち(複数ハート)

さて、この奥の茂みは全部マングローブです。

IMG_4069.jpg



マングローブと一口に言っても、たくさんの種類があるわけですが、この種類は種がこういう感じでできます。

IMG_4063.jpg



そしてそれが落っこちて砂に刺さります。

IMG_4064.jpg



そしてそこから芽がでてきます

IMG_4066.jpg



こうしてどんどん増えていくんですね。

というわけで、このあともどんどん遠くに入っていきました。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行ガイド・プランへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エクアドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック