2014年09月22日

リヴァプール最後のディナー


楽しかったビートルウィーク...

祭り自体はもう少し続きますが、我々は翌日はロンドンに向けて出発。

というわけで、リヴァプール最後の夜はちょっと雰囲気のいいレストランの個室でるんるんるんるんるんるん

60 Hope Street

このレストランのあるところは、英国国教の大聖堂の近く。

高級住宅街の一角に位置しています。

そんなレストランの個室で、チョイスメニュー。

まずは前菜 4 種類の中から僕のチョイスしたのは、

Hot Smoked Salmon Fishcakes & Wasabi Tartre

って、こんな感じで出てきましたわーい(嬉しい顔)

CIMG3977.jpg



サーモンコロッケって感じで、サクサクして日本のコロッケと同じような食感。

CIMG3980.jpg



下に敷いてあるのが、わさびタルタルということなんですが、そんなにツーンとは感じず、なんとなくわさびっぽい香りがするかなという程度。

でないと、コロッケにワサビはあまり合いませんもんね。

こんくらいだと、ちょうどいいアクセントになっていて、さっぱりといただけましたわーい(嬉しい顔)

続いてもメインは、これも肉や魚や 4 種類ほどの選択肢があったのですが、

Wild Mushroom Risotto

CIMG3981.jpg



だって、昼間一口いただいたリゾットがとってもおいしかったもので...あせあせ(飛び散る汗)

ま、店は違いますが、こちらも高級店なのでさぞかしおいしいかなと思って注文したら、これまたおいしかったですよ手(チョキ)

キノコのリゾットにルッコラがのせられているお料理でしたわーい(嬉しい顔)

最後のデザートも 4 種類からで、

Lemon Posset with Shortbread
レモンポセット ショートブレッドを添えて

CIMG3984.jpg



レモンポセットってのはイギリスの伝統的な夏のスイーツで、生クリームを温めてレモンの酸だけで固めたぷるるんとしたもの。

ちょっと甘めだったけどさっぱりとしていましたよわーい(嬉しい顔)

これにショートブレッド...っていつも見かけるのはビスケットのようなものなんですが、こちらのはもうちょっとサクサクっとしたパンっぽいもの ( どんなんやねん ) で周りに砂糖が降りかけられていました。

これはこのままでもいいんですが、レモンポセットにつけていただくには、個人的には砂糖は余計だったかなと思いましたけど...

というわけで、最後の夕食も楽しみ、この後ホテルへ戻りました。


お店
名前 : 60 Hope Street
住所 : 60 HOPE STREET. LIVERPOOL. L1 9BZ
TEL  : 0151 707 6060
URL  : 
http://www.60hopestreet.com/

リヴァプールの大聖堂の近く、高級住宅街にあるカフェ & レストラン。
一階がカフェスタイルのモダンな感じ、二階が個室になっていて、さまざまなイベントに利用されます。
イギリス料理を独特の解釈でシェフがアレンジし、現在注目されているレストランです。
リヴァプールの思い出に時間があればゆったりと、ぜひ使ってみてください。



にほんブログ村 グルメブログ フードアナリストへ
にほんブログ村


  






posted by まいど! at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリスの食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック